静岡デスティネーションキャンペーン プレキャンペーン:2018年4月1日(日)~6月30日(土)

ホーム > ロゴマーク制作にあたって

ロゴマーク制作にあたって

ここから本文です。

ロゴマーク制作にあたって

静岡デスティネーションキャンペーンのロゴマークは、静岡文化芸術大学の御協力のもと、デザイン学部の学生9名に作成していただきました。

学生の皆さんの瑞々しい感性が活かされたこのロゴマークを静岡県の観光のシンボルとして、静岡デスティネーションキャンペーンでは、「静岡へ来れば、心も体も元気になれる」旅を提供していきます。

 

<キーワードのアイデア出し>

「心も体も元気になる旅」から思い浮かぶ言葉をみんな出し合いました。その数、なんと197語!!

<キャッチフレーズ案の一次選抜>

ワークショップで選んだ言葉をベースにキャッチフレーズ案を考え、投票や意見交換を繰り返して、「アッパレ しずおか元気旅」に決まりました。

<たくさんのラフスケッチ>

コンセプトやキャッチフレーズからイメージを膨らませ、ラフスケッチもたくさん描きました。

<デザインの一次選抜>

毎週授業の後に集まり、それぞれのアイデアを発表し合いながら、デザインの絞込みやブラッシュアップを続けました。

<会長へのプレゼンテーション>

ロゴマーク案を静岡県大型観光キャンペーン推進協議会会長である静岡県知事の前で発表しました。

 

<記者発表>

2017年12月27日にロゴマークの発表会を開催。佐井教授をはじめ、参加した学生全員が出席して、ロゴマークを披露しました。

 

ページの先頭へ戻る