ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 黒田家代官屋敷

ここから本文です。

黒田家代官屋敷(クロダケダイカンヤシキ)

 長屋門は18世紀中頃の建築と見られ、置千木を11本置く茅葺きの屋根は2千石の格式を示す、桁行68尺(20.6メートル)に及ぶ大規模なもので、昭和51年の解体修理で元の姿に修復されました。
 母屋は、安政の地震以後の建物と考えられ、建材には太い柱や梁を用いて構造的にも64尺幅(1.2メートル)で2列に柱を立て、梁を2層にわたして地震対策を施しています。平成9年には解体修理を行い、綿密な調査とともに元の姿に復元されました。
 濠は中世城館の遺構として近世・現世へと使われ続けられた貴重な遺跡です。

 長屋門は18世紀中頃の建築と見られ、置千木を11本置く茅葺きの屋根は2千石の格式を示す、桁行68尺(20.6メートル)に及ぶ大規模なもので、昭和51年の解体修理で元の姿に修復されました。  母屋は、安政の地震以後の建物と考えられ、建材には太い柱や梁を用いて構造的にも64尺幅(1.2メートル)で2列に柱を立て、梁を2層にわたして地震対策を施しています。平成9年には解体修理を行い、綿密な調査とともに元の姿に復元されました。  濠は中世城館の遺構として近世・現世へと使われ続けられた貴重な遺跡です。

 長屋門は18世紀中頃の建築と見られ、置千木を11本置く茅葺きの屋根は2千石の格式を示す、桁行68尺(20.6メートル)に及ぶ大規模なもので、昭和51年の解体修理で元の姿に修復されました。
 母屋は、安政の地震以後の建物と考えられ、建材には太い柱や梁を用いて構造的にも64尺幅(1.2メートル)で2列に柱を立て、梁を2層にわたして地震対策を施しています。平成9年には解体修理を行い、綿密な調査とともに元の姿に復元されました。
 濠は中世城館の遺構として近世・現世へと使われ続けられた貴重な遺跡です。

 黒田家代官屋敷は、この地を治めた旗本本多氏の代官にふさわしい建物がよく保存されているとして、昭和48年には長屋門と母屋が国の重要指定文化財に指定され、平成5年には米蔵・東蔵及び濠を含めた屋敷全体が指定を受けました。

基本情報

施設名

黒田家代官屋敷
(クロダケダイカンヤシキ)

郵便番号

437-1514

所在地

静岡県 菊川市 下平川862

営業時間

10時00分~16時00分

定休日/休業日

月曜日および祝祭日の翌日 年末年始

お問い合わせ

電話番号

0537-73-7270

駐車場

駐車場

あり

大型バス駐車場

なし

備考

大型車2台分  普通車50台分

施設設備・サービス

ペット同伴

不可

トイレ設備

なし

Free Wi-Fi

なし

飲食設備

なし

交通アクセス

新幹線を利用する場合:

掛川
(経路) JR東海道本線に乗換→菊川駅からタクシーで20分

東名高速道路を利用する場合:

菊川IC
(経路) 車で15分

ユニバーサルデザイン情報

  • 車いす駐車場
  • 車いす貸出

この情報は2018年06月14日の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

このスポットに興味がある人はこんなスポットも観ています。

周辺のイベント情報