ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > モデルコース > 静岡県文化プログラム モデルコース > 静岡市内のアート、歴史、自然の魅力を凝縮!静岡駅発「静岡県立美術館」と周辺めぐり

静岡市内のアート、歴史、自然の魅力を凝縮!静岡駅発「静岡県立美術館」と周辺めぐり

ここから本文です。

「静岡県立美術館」をはじめ、富士山の新たなビュースポットとして話題の「日本平夢テラス」、国宝「久能山東照宮」、元高校の校舎をリノベーションした博物館「ふじのくに地球環境史ミュージアム」と、静岡の多彩な魅力がたっぷり詰まったコースです。

Start

JR静岡駅

バスで30分

1

静岡県立美術館

JR東静岡駅までバスで15分、東静岡駅からバスで約30分

2

日本平夢テラス

日本平ロープウェイで5分

3

久能山東照宮

日本平からJR静岡駅までバスで45分、静岡駅からバスで30分

4

ふじのくに地球環境史ミュージアム

バスで30分

Goal

JR静岡駅

モデルコースを案内してくれたのは

常葉大学 小林 映登子さん

「静岡県立美術館」は、多くの作品を見ることができ、期間によって変わるプロモーションも魅力的です。「日本平夢テラス」からの景色はとても綺麗で、晴れていれば富士山もくっきり見ることができ、夜の清水港の夜景も綺麗なんですよ。「久能山東照宮」へのロープウェイも絶景を楽しみながら、ガイドさんのアナウンスを聞くことができ、文化をより知ることができました。「ふじのくに地球環境史ミュージアム」は学校を改装したという珍しい博物館。教室が展示室になっていたり、職員室が図鑑カフェになっていたり……。普通とは少し違った驚きにたくさん出会える場所です。ぜひ、友達と、家族と訪れてみてください。

スタート

JR静岡駅

バスで30分

静岡県立美術館

「地獄の門」はその造形や表現を細部まで間近に見ることができます

ロダン館にはロダンの彫刻32点などが常設されています

風光明媚な日本平の麓に建つ「静岡県立美術館」は、文化の拠点として、企画展、収蔵品展、ロダン館の展示のほか、講演会や講座なども開催されています。緑あふれる立地環境にふさわしい作品収集をコンセプトに、17世紀以降の日本と西洋の風景画、富士山をモチーフにした作品などを中心に収集。ターナー、モネ、狩野探幽、池大雅、歌川広重など、膨大なコレクションを誇っています。「地獄の門」をはじめとするロダンの彫刻を集めた「ロダン館」も人気です。鑑賞後は、館内併設のレストランで静岡の農園野菜を使用したグリル料理や生パスタを堪能するのもおすすめ。屋外には彫刻が展示されたプロムナードがあり、アート散策も楽しめます。

所在地:静岡市駿河区谷田53-2
問合せ:054-263-5755

有名なロダンの「考える人」

館内にはレストランとカフェも併設。レストラン「Rodin TERRACE」では生パスタのセットランチやスイーツがいただけます

緑あふれる環境も魅力の静岡県立美術館

ここがおすすめ!

「ロダン館」の中央に聳え立つ「地獄の門」は、その迫力とスケールに飲み込まれるようでした。近づいてみると、細部まで造られていて、遠くから見るときとは別の雰囲気を味わうことができました。美術館の方にお話を聞いたところ、同じ作品でも鋳造の時期や場所によってディテールに違いがあるそうです。ただ作品を見るだけでなく、鋳造の技術や違いにフォーカスするのも1つの楽しみ方になりそうです。

JR東静岡駅までバスで15分、東静岡駅からバスで約30分

日本平夢テラス

テラスからは富士山と駿河湾、清水港、三保松原と静岡を代表する絶景が広がります

館内1階は展示エリア、2階にはお茶や茶菓子がいただけるラウンジも。入館料は無料

標高307mの丘陵地、日本平の山頂に建つ展望施設です。県産木材をふんだんに使った建物は、東京五輪のメイン会場となる新国立競技場を手がける建築家・隈研吾氏によるもの。日本平の文化や歴史をプロジェクションマッピングやタッチパネルで学べる展示エリア、季節のお菓子と抹茶を味わいながらくつろげるラウンジスペース、全方位に開かれた展望フロアなどがあり、一周約200mの屋外展望回廊からは富士山や駿河湾、三保松原など360度のパノラマ展望が楽しめます。

所在地:静岡県静岡市清水区草薙600-1
問合せ:054-340-1172

フォトジェニックな風景はSNS映えも抜群!

ラウンジでは富士山を正面にお茶のひとときを

横山大観作「群青富士」をモチーフにしたステンドグラス

日本平ロープウェイで5分

久能山東照宮

総漆塗、極彩色が美しい社殿は国宝に指定されています

徳川家康公を祀る久能山東照宮はパワースポットとしても有名。ぜひ開運祈願を

徳川家康公の遺言によって創建された「久能山東照宮」。創建当時の姿を残す権現造の本殿などが国宝に指定されています。手つかずの自然が残された境内には楼門や神楽殿など多くの重要文化財が残されています。東照宮博物館では、家康公の愛用品や徳川歴代将軍の武器武具など2,000点を収蔵。麓から参拝に訪れる場合は、1159段の石段を上っていくことができます。石段から眺める駿河湾は圧巻の一言です。

所在地:静岡県静岡市駿河区根古屋390
問合せ:054-237-2438

楼門には平和を象徴する獏(バク)の彫刻が。境内の至るところに平和を願う想いが込められた装飾があるので探してみてください

日本平からJR静岡駅までバスで45分、静岡駅からバスで30分

ふじのくに地球環境史ミュージアム

静岡に生息している動物や昆虫などの標本を展示する部屋。多種多様な生物たちが育まれていることに驚きます

窓から明るい光が注ぐ気持ちのいい図書カフェ。様々な生き物に関する図鑑や本を自由に読むことができます

静岡県初の県立自然系博物館であり、全国初の地球環境史をテーマとした博物館です。気づきや発見を大切にした「思考するミュージアム」がコンセプトで、自然史や環境史に関する様々な展示を通して、静岡の過去・現在を巡り、人と自然が共生する未来の在り方について考えることができます。高校の校舎を改修し、当時の机や椅子を活用したユニークな展示も魅力です。

所在地:静岡県静岡市駿河区大谷5762
問合せ:054-260-7111

蝶の美しい標本。すべて静岡に生息している蝶です

脊椎動物たちの教室。様々な動物の骨格標本に興味津々。黒板の座席表と見比べながら眺めましょう

高校の面影が残る建物。学校の机や椅子を用いたデザイン性の高い展示ディスプレイは国内外で多くのデザイン賞を受賞しています

バスで30分

JR静岡駅

ゴール

モデルコース周辺で開催される文化プログラム

静岡県文化プログラム推進委員会

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向け、オリンピック憲章で開催が定められた「文化プログラム」が、全国で開催されます。
静岡県文化プログラム推進委員会は、文化・芸術振興や文化・芸術による地域・社会課題対応を目指して、取組を進めています。