富士エリア

大淵笹場

世界に誇る日本の霊峰をいちばん間近で望める富士エリア。四季折々に移りゆく富士の姿を眺めることができ、一年を通して多くの人々が訪れる観光名所となっています。関東エリアからのアクセスもよく、夏季には日帰りで富士登山を楽しむ人も。旅を楽しむなら、王道スポットはもちろん、近年注目されている隠れた名所やグルメもチェック!ご当地グルメや温泉も楽しめるスポット&施設をご紹介します。

ここから本文です。

このページの内容

富士エリアの観光スポット

全国に約1,300社ある浅間神社の総本社である富士山本宮浅間大社(富士宮市)をはじめとした、富士山の歴史に触れられるスポットや、富士山西麓に広がる緑豊かな朝霧高原(富士宮市)などの大自然を満喫できるエリア。富士山本宮浅間大社に隣接している富士宮のグルメが集結したおみや横丁は、参拝後のひと休みにもぴったりの観光スポットです。JR富士宮駅近くにある、”逆さ富士”をイメージした静岡県富士山世界遺産センター(富士宮市)も多くの観光客が訪れる名所の一つで、展望ホールから眺める富士山は圧巻のひと言。1階から5階まで、全長193mのスロープを上りながら、富士登山の疑似体験が楽しめます。
富士山東麓には、動物たちの姿を間近でみられる富士サファリパーク(裾野市)や、キャンプも楽しめる富士山こどもの国(富士市)といった、ファミリーにおすすめの施設も充実。昭和の戦後に内閣総理大臣を務めた岸信介が過ごした別邸がある東山旧岸邸(御殿場市)や、芸術家たちの作品に触れ合えるクレマチスの丘(長泉町)などのアートスポットもおすすめです。観光の合間には、富士山も眺められる御殿場プレミアム・アウトレットでショッピングを楽しむことも。夜になったら、日本一の高さを誇る噴水レーザーショーが繰り広げられる御殿場高原時之栖のイルミネーションへ。毎年秋から冬に開催される一大イベントの一つです。さらに、夜景電車が走る岳南電車は、海外からの旅行者にも人気。幻想的でノスタルジックな世界へと出発しましょう。

 

富士エリアのグルメ・おみやげ

富士エリアのグルメといえば、富士宮やきそば。地元の製麺所で製造されている弾力のある麺とソースの香り、肉かす、イワシの削り粉といった独特のトッピングなど、一度味わうとやみつきになると、多くの方々に親しまれています。富士宮市内の至るところにあるオレンジ色ののぼりがやきそば店の目印。富士山本宮浅間大社にあるお宮横丁にも、富士宮やきそばを提供する飲食店が複数あり、参拝と共にご当地グルメを楽しむことができます。富士宮市はニジマスの養殖生産量日本一を誇り、ニジマスを使った加工品や鱒バーガーといったオリジナル料理も味わうことができます。また、田子の浦港(富士市)の漁協食堂(期間限定営業)では、獲れたて&新鮮な魚介類をふんだんに使ったグルメが好評。名物の「ぷりぷり生しらす丼 富士山盛り」は、その豪快な見た目もさることながら、味わいもまた格別!ご飯の上にしらすの沖漬けをのせた「赤富士丼」などメニューも豊富です。御殿場市では、戦前から地元で作られてきた伝統製法を守り続ける二の岡のハムや、旧岸信介邸に隣接するカフェ・とらや工房の、御殿場産のさくら玉子を使ったどら焼きなど、ここだけでしか手に入らないグルメが揃い、お土産としても人気です。

富士宮やきそば

ぷりぷり生しらす丼 富士山盛り

富士エリアのアクティビティ

富士の裾野に広がるエリアは、アクティビティにもってこいの場所。登山はもちろんのこと、キャンプやグランピングなど、多彩なアクティビティが充実しています。富士宮市に位置する田貫湖では、湖畔を眺めながら本格的なキャンプ体験を。テントを持参すれば宿泊できるエリアのほか、バーベキューを楽しむデイキャンプエリアがあり、シーンに応じた利用が可能です。天気が良い日は富士山をバックに満点の星空を見ることができるので、時間に余裕がある方は宿泊がおすすめです。

スカイ朝霧

また、スポーツ用の自転車に電動アシストがついた自転車、Eバイクやマウンテンバイク、セグウェイに乗って朝霧高原の大自然を満喫できる景感・体験・休暇施設、ふもとっぱら(富士宮市)も人気。スタッフが丁寧に説明をしてくれるので、初めての方でも安心して利用できます。いつもと違う旅をしたいとう人には、農泊がイチオシ!御殿場市の自然然豊かな農山漁村地域にある農家民宿などに宿泊して、伝統的な生活を過ごす。ほかでは経験できない貴重な体験が待っています。

ふもとっぱらでMTB体験

農家民宿で伝統的な暮らしや農業体験を満喫

ブログ記事を見る

エリアガイド