静岡県のグルメ・おみやげ

静岡県にはお馴染みの静岡茶や桜えび、金目鯛などの海鮮グルメをはじめ、うなぎ、わさび、B級グルメの静岡おでん、富士宮やきそばと、バラエティ豊富な自慢のご当地グルメがあります。果物では、いちごやみかん、メロンなどが静岡県の特産品。いちごでは「紅ほっぺ」「章姫」、みかんでは「三ケ日みかん」「ニューサマーオレンジ」などが、全国的に名前を知られています。そのほか、豊かな水源を生かして醸造される地酒や地ビールも注目を集めており、おみやげとしてもおすすめです。
うなぎパイや安倍川もちに代表される静岡県のてっぱんおみやげもぜひチェックしてくださいね。

ここから本文です。

静岡県のおすすめグルメ

 

静岡茶

古くからお茶の生産で知られる静岡県。1244年に聖一国師が宋よりお茶の種を持ち帰り、静岡市北部の足久保に植えたのが静岡県のお茶栽培の始まりと言われています。また、明治維新の頃には江戸から静岡へ居を移した徳川藩士により、牧之原台地の開墾が行われお茶が栽培されるようになりました。牧之原台地では今でもさかんにお茶が栽培されており、一面の茶畑が広がっています。
2013(平成25)年にはススキやササを茶畑の中に敷くことで、土壌を肥えさせ、お茶の味わいを上質なものにする、世界でも珍しい伝統農法・茶草場(ちゃぐさば)農法が世界農業遺産に認定されています。
そんな静岡だからこそ、ひと言で”お茶”といっても、楽しみ方は様々。洋菓子やアイスクリーム、和菓子などSNS映えするスイーツを楽しめるお茶カフェは、静岡県に来たらぜひ立ち寄ってほしいスポットです。また、ふじのくに茶の都ミュージアム(島田市)グリンピア牧之原玉露の里などお茶をテーマとした施設もあり、静岡茶について学べるほか、茶道体験や茶摘み体験ができます。

茶園が広がる静岡では富士山と茶畑の絶景も見られる
抹茶チョコレートなど静岡茶を使ったスイーツも人気

海鮮(桜えび・しらす、マグロ・カツオ、金目鯛)

桜えび・しらす

桜えびは、世界でも静岡の駿河湾と台湾でしか水揚げされない貴重な海産物。静岡市の由比港、焼津市の大井川港では、例年3月下旬〜6月初旬と、10月下旬〜12月下旬の2シーズンに漁が行われ、獲れたての桜エビを味わうことができます。一方、静岡を代表する海の幸・しらすは、富士市の田子の浦港、静岡市の用宗港、磐田市の福田港、浜松市の舞阪港で漁が行われ、生でも揚げても美味しいと多くの人々を魅了しています。桜エビ、しらすともに味わい方もさまざま。桜えびは、刺身にかき揚げ、釜飯に、しらすは丼や釜揚げに姿を変え、その美味しさはグルメ通もうなるほど。店舗によって味付けやアレンジが異なるので、食べ比べの旅を楽しむのもおすすめです。

桜えびは甘みのある刺身もサクサクのかき揚げも美味!
産地ならではの生しらす丼もおすすめ

マグロ・カツオ・金目鯛

海岸線が長い静岡県は、海鮮グルメの宝庫。沼津や焼津、清水、舞阪など漁港が多く、鮮度の高い魚介類をいつでも味わうことができます。中でも、国内で消費されるマグロの半数が水揚げされる清水港には清水魚市場・河岸の市があり、ぜひ足を運びたいスポットです。
焼津市の焼津さかなセンターでは、焼津港、小川港、大井川港など地元で水揚げされた、新鮮な魚介類を卸売り販売しています。刺身はもちろん、かつお節やだしの専門店など、かつおのまち焼津ならではの高品質な加工品も揃っており、お土産にもおすすめです。
また、伊豆半島では金目鯛が有名で、下田や稲取などの漁港で新鮮な金目鯛が水揚げされます。地元の食堂や旅館、民宿などでは煮付けをはじめ、刺身、炙り、焼きなど様々な料理で堪能することができます。

清水魚市場 河岸の市「いちば館」
焼津さかなセンターで人気の極み大とろ海鮮丼

うなぎ

静岡県には、浜名湖、三島、吉田と、うなぎが名物として知られる場所がいくつもあります。浜名湖は100年以上の歴史を持つ、うなぎ養殖発祥の地。それだけに、遠方から足繁く通う人もいるほどの名店が揃っています。温暖な気候とミネラルを豊富に含んだ天然水など、優れた環境下で育った浜松のうなぎは、柔らかな身と上品な脂が特徴です。名水のまち・三島市は、富士山の湧水で泳がせたうなぎが評判で、江戸時代から続く老舗もあります。吉田町では大井川河口地域で養鰻業が盛ん。吉田鰻は身のやわらかさ、脂のりのよさで人気です。東西の中間にある静岡県の立地から、県内には、背開きで柔らかく蒸しあっさりとしたタレで味わう関東風や、腹開きで香ばしく焼き上げて甘いタレをまとった関西風が両方味わえます。養殖の歴史と同じく100年以上続く老舗から、リーズナブルに味わえるカジュアルなお店までたくさんあるうなぎ店の中から、焼き方もチェックしながらお店を選んでみては。

うなぎのふっくらした身と香ばしいタレの組み合わせが絶品
疲労回復に欠かせない食べ物として江戸時代から人気だったうなぎ

しずおか和牛

静岡県で食べられるのは、極上の魚介だけではありません。静岡は古来からの歴史がある、上質な和牛の産地でもあるんです。静岡県の黒毛和牛ブランドを統合した「しずおか和牛」は、やわらかな肉質で、甘みと、きれいなサシの入った上質な脂肪が特徴。県内の飲食店では、ステーキ、しゃぶしゃぶにすき焼き、ローストビーフ、にぎりと、しずおか和牛メニューがよりどりみどりで目移りしてしまうほど。「しずおか和牛」の食べ歩きなんていうのも、静岡旅の新たな楽しみの一つとしておすすめです。

静岡県産黒毛和牛のすき焼き
しずおか和牛のローストビーフ

日本酒・地ビール

水や原料にこだわったオリジナルビールを製造するブルワリーが続々登場している静岡県。富士山の伏流水を使ったビールを醸造していている御殿場高原ビール(御殿場市)や、日本三大清流の一つである柿田川の水を使用して醸造している沼津クラフト(沼津市)など、その味わいも多彩です。工場見学を実施している施設もあるので、実際に見て触れて味わうことができるのも魅力の一つ。また、南アルプスの名水で醸す静岡の地酒も絶品。静岡県工業技術研究所沼津工業技術支援センターによって研究・開発された“清酒酵母”を使った地酒は、「全国新酒鑑評会」で10もの蔵が金賞を受賞しています。富士宮や中伊豆、御殿場などにはワイナリーも。その場で味わうのはもちろん、おみやげにもおすすめです。

富士山の伏流水を使用した御殿場高原ビール
静岡のご当地ワインであるみかんワイン

フルーツ(いちご、みかん、メロン)

いちご、みかん、メロンなど様々な果物を生産している静岡県。なかでもいちご狩りが有名で、紅ほっぺや章姫、きらぴ香といった有名な品種の多くが静岡生まれ。日照時間が長く、太陽をいっぱいに浴びた静岡いちごは、大ぶりで甘みが強いのが特徴です。伊豆、静岡市久能海岸、浜名湖など、県内随所でいちご狩りを行っており、家族連れや若い世代の人々に人気となっています。また、県内のカフェやレストランでは、新鮮で旨味たっぷりの果物を使ったスイーツを提供。いちごパフェや、メロンタルト、夏季にはみかんのシロップをたっぷりかけたかき氷も登場します。地元のフルーツを使った洋菓子や和菓子などのおみやげも豊富。みかんの生産か盛んな浜松市にある三ヶ日製菓の「まるごとみかん大福」は、見た目もとってもキュート。冷凍商品になっており、シャリシャリ感も楽しめます。また近年では「熱海プリン」など、SNSから話題になる商品も。パッケージもユニークで、写真映えすること間違いなしです。

いちごのスイーツ
まるごとみかん大福

わさび

2018(平成30)年に、世界農業遺産として認定された静岡水わさびの伝統栽培。清らかな湧水が湧く山間に階段状のわさび田を作り、極力肥料を使用せず、水に含まれる豊かな養分で栽培されるわさびは、色合い、香り、辛み、甘みに優れ、高級食材として活用されています。健康面でも注目されており、生わさびをすりおろしたときに得られる健康成分が、抗酸化作用や血流の改善作用、美肌効果に加え、がんの抑制作用などの機能を持つことも分かってきました。刻んだ葉や茎、根を酒粕に漬けた郷土料理のわさび漬けは、明治22年に開駅した静岡駅構内で販売したことが始まりとされる、歴史ある食文化の一つ。120年以上経ついまでも、静岡みやげの定番となっています。

清らかな湧水で育まれた静岡のわさび
静岡みやげの定番、わさび漬け

静岡県のB級グルメ

静岡のご当地グルメといえば、静岡おでんに浜松餃子、富士宮焼きそば。だし粉をかけて味わう静岡おでんは、静岡市街にある「青葉おでん街」と「青葉横丁」が聖地として知られており、昭和レトロな雰囲気を体感できると、若い人々にも注目されています。浜松市内には浜松餃子の名店がズラリ。野菜が多く、あっさりといただけることから、各店舗で餃子の食べ比べを楽しむのがおすすめです。富士宮市のご当地グルメである富士宮焼きそばは、古くから市民に親しまれていた焼きそばが注目され、まちおこしイベント「B-1グランプリ」で殿堂入りするほどの人気に。独特のコシのある麺にイワシの削り粉をかけて味わう焼きそばは、ランチや夕食はもちろん、軽食にもぴったりです。静岡おでん、浜松餃子、富士宮焼きそばともにみやげ商品も充実。各店舗やみやげ店、サービスエリアなどでも購入できます。

静岡おでん
富士宮やきそば

おみやげ

食材から加工品、B級グルメなど、名産品が揃う静岡県。それだけに“どれを買ったらいいかわからない…”という方も多いはず。そこで、これを買えば間違いなし!という静岡県のテッパンみやげをご紹介。地域で長年愛されているものから、お取り寄せグルメで有名なスイーツまで、“静岡といえばコレ!”と地元の人々が太鼓判を押すアイテムを取り揃えました。ここでは洋菓子、和菓子ともにそれぞれ10つをセレクト。洋菓子編では、だれもが知るスイーツのほか、いま注目のスイーツまでラインアップ。和菓子編では、温泉街や街道の歴史が息づくまんじゅうから変わり種まで多種多彩。静岡県民に欠かせない、自慢の逸品の数々を味わい尽くしましょう。

安倍川もち
うなぎパイ

おすすめグルメ・おみやげスポット

ホーム > 静岡県のグルメ・おみやげ