ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 静岡の魅力 > しずおかNOW! > 次回は何年後?日本最大級「大黒天像」の秘仏公開

ここから本文です。

次回は何年後?日本最大級「大黒天像」の秘仏公開

komyojidaikoksama1

 静岡県浜松市天竜区の「光明山光明寺」には、木造では国内最大級と言われる「金」の「大黒天像」が祀られています。
 光明山は、奈良時代の717年に行基が開山したと伝えられ、秋葉山、春埜山とともに北遠三霊山の一つとされています。 

komyosandaikokusama2

 この大黒天像の内部に納められている胎内仏の三面大黒天像が「秘仏特別御開帳」として、8月5日(土)・6日(日)の2日間で、初めて一般向けに公開されました。
 三面大黒天は、1体に顔が三つ、腕が6本付いた三面六臂(ろっぴ)の木像で、向かって右側面の顔は怒った表情を、左側面の顔は穏やかな表情されていました。(残念ながら、三面大黒天様の撮影は禁止でした。)
 この日だけの特別な御朱印も授与されていて、たくさんの方が並ばれていました。
 
 今回が初めての御開帳のため、次回がいつになるかは分かりませんが、金の大黒天像は、通常拝観することができます。
 大黒様は、七福神の中でも、開運福寿、商売繁盛を授けてくださると言われていますよね。
 みなさんも大黒様のご利益をいただきに、ぜひ、お立ち寄りください♪

  • komyoji

  • komyojidaikokusama3