ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 静岡の魅力 > しずおかNOW! > 一見の価値あり!静岡県立美術館「屏風爛漫」開催中!

ここから本文です。

一見の価値あり!静岡県立美術館「屏風爛漫」開催中!

伊東若冲01

 静岡市駿河区にある静岡県立美術館では、現在、屏風の形や機能に注目しながら、その楽しみ方を再発見できる「屏風爛漫ーひらく、ひろがる、つつみこむ」を開催中です。
 

屏風爛漫チラシ

 この展覧会では、伊藤若冲の《樹花鳥獣図屏風》、石田幽汀の《群鶴図屏風》、《武蔵野図屏風》をはじめとした、静岡県立美術館コレクションを中心とする精選された作品を通して、花開く屏風絵の世界ご堪能いただけます!
 
 また、会期中には、学芸員によるフロアレクチャーや美術講座が開催される日もございますので、詳しくご覧になりたい方にはおススメです。

 ゴールデンウィーク期間までの開催となっておりますので、この貴重な機会にぜひ、お越しください。


「屏風爛漫ーひらく、ひろがる、つつみこむ」
期間  2019年4月2日(火)~5月6日(月・祝)
会場  静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)
電話  054-263-5755
※詳しくは以下のリンクからご覧ください。

【メイン写真】
伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」江戸時代(18世紀)静岡県立美術館蔵(右隻)

  • 石田幽汀「群鶴図屏風」江戸時代(18世紀)静岡県立美術館蔵

    石田幽汀「群鶴図屏風」江戸時代(18世紀)静岡県立美術館蔵

  • 石田幽汀「群鶴図屏風」江戸時代(18世紀)静岡県立美術館蔵

  • 小林清親「川中島合戦図屏風(裏面 龍虎図)」明治43年(1910)静岡県立美術館蔵

    小林清親「川中島合戦図屏風(裏面 龍虎図)」明治43年(1910)静岡県立美術館蔵

  • 小林清親「川中島合戦図屏風(裏面 龍虎図)」明治43年(1910)静岡県立美術館蔵

  • 狩野山雪「四季花鳥図屏風」江戸時代(17世紀)個人蔵

    狩野山雪「四季花鳥図屏風」江戸時代(17世紀)個人蔵

  • 狩野山雪「四季花鳥図屏風」江戸時代(17世紀)個人蔵