ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 静岡の魅力 > しずおかNOW! > 【クレマチスの丘】「放散虫」という生きものをご存知ですか?

ここから本文です。

【クレマチスの丘】「放散虫」という生きものをご存知ですか?

放散虫

 放散虫とは、ガラス質の骨格をもつ海のプランクトン。どこの海にもいる0.1~1㎜の大きさで目には見えないちいさな生きものです。
放散虫は飼育がとてもむずかしくわかっていないことが多いのですが、そのガラスの骨格は化石になりやすく、世界中で化石が見つかっています。その放散虫の化石を電子顕微鏡で撮影した写真の展示会が、クレマチスの丘にある本屋さん「NOHARA BOOKS」にて行われています。
 また、この展示会では化石で見つかった放散虫が登場する絵本「ほうさんちゅう ちいさなふしぎな生きもののかたち」(アリス館、2019年)をはじめ、さまざまな生きものの絵本も紹介されています。
 肉眼では見ることのできない、ちいさな生きものたちの世界をぜひ覗きにお出かけください。

放散虫(画像提供:松岡篤)

期 間:2020年8月6日(木)~9月29日(火)
定休日:水曜日
時 間:8月 10:00~18:00
    9月 10:00~17:00
料 金:無料
会 場:クレマチスの丘 NOHARA BOOKS

この展示会では、1億4000万年前に生きていた放散虫の化石の写真を展示しているそうです。(画像提供:松岡篤)

  • ベルナール・ビュフェ美術館

    クレマチスの丘ではクレマチスの花だけでなく、四季の移り変わりとともに変化するガーデンの様子を楽しめます。また、ベルナール・ビュフェ美術館やヴァンジ彫刻庭園美術館、井上靖文学館など、自然だけでなく様々な芸術が楽しめる施設が充実しています。植物や芸術で心が和んだ後は南イタリア料理を味わえる「ピッツェリア&トラットリア チャオチャオ」や、鮨会席をいただける日本料理「tessen」でおいしいグルメをお楽しみください。

  • クレマチスの丘イメージ

  • クレマチスの花

  • 壁をよじ登る男(クレマチスの丘)