ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 静岡の魅力 > しずおかNOW! > 美村里江さんがナビゲート 焼津市の観光電子雑誌 公開中

ここから本文です。

美村里江さんがナビゲート 焼津市の観光電子雑誌 公開中

表紙

■ 美村里江さんとゆく「焼津、スロウな旅へ。」
 焼津市は、今年創刊13年目を迎える旅行電子雑誌「旅色」と提携し、海と山に囲まれ、富士山ビューにも恵まれた焼津で、大人の女性がゆったり巡る旅を提案する別冊を公開しました。焼津に初めて訪れたという女優の美村里江さんが、マグロを堪能したり、温泉を楽しんだり。長く暮らす人のようにゆったり過ごしたなかで、印象に残ったものとは? 美村さんならではの視点でたっぷりとナビゲートします。

  • 鰹節

     江戸時代より、カツオを中心とする漁業の町として知られ、明治以降は遠洋漁業が活発になった焼津市内には3つの港があり、マグロやカツオ、桜えび・しらすなどおいしい魚介類が豊富なのはもちろん、温泉浴やタラソテラピーなどが体験できます。

  • 座禅

     日本有数のマグロ漁港として栄え、国内有数の規模を誇る焼津港では“赤いダイヤ”と呼ばれるミナミマグロを堪能し、「赤身の概念が変わりました!赤身というベースの味がずば抜けておいしいというところに、焼津のマグロのすごさを感じました」と感激した様子。また、料理好きな美村さんが旅マエから楽しみにされていた、製造工程を見学できる鰹節工場の直売所で作りたての鰹節をお土産にたっぷり購入し、プラネタリムで大迫力の映像を楽しみ、室町時代に開創したお寺では坐禅も体験。1泊2日でゆったりと巡る、大人の女性の旅にぴったりな焼津を楽しまれたようです。

  • お土産

     山海の幸が豊富な焼津には、定番土産の鰹節はもちろん、期待を裏切らないおいしい名物が続々と誕生しています。味はもちろん、ネーミングやパッケージもかわいいものばかりで、思わず大人買いしちゃいそう。自分へのお土産やプレゼントにしても喜ばれる品々をご紹介。

  • コラム

     豊かな海の恵みと漁業の町ならではの楽しい体験ができるのが焼津市の魅力のひとつ。鉄板のオーシャンビューホテル、温泉から、名物の黒はんぺんづくりなど、思い出になる特別な体験を集めました。

  •  大人の女性に上質な旅時間を届ける、電子雑誌「旅色」は、自分らしさと美を求める現代の女性にとっての“旅”とは何かを捉え、新しいスタイルを発信していく、無料の旅行電子雑誌です。映画やドラマで活躍する有名女優がナビゲーターとなり、写真集のような美しいテイストで、女性ならではの感性を生かした旅を案内します。厳選ホテルや旅館、レストラン、お取り寄せ商品なども多数紹介。ダウンロードや登録不要で、誰でもいつでも読める電子雑誌です。