ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 静岡県の紅葉スポット2017(伊豆編/その1)

ここから本文です。

静岡県の紅葉スポット2017(伊豆編/その1)

伊豆半島といえば「海!」というイメージが先行しますが、
晩秋には、しっとりと美しい紅葉が広がります。
夏の突き抜けるような明るさとは、また別の伊豆の顔をお楽しみ下さい♪

2017kouyou-izu-main1

atami-baien

熱海梅園(熱海市)

「日本でもっとも早咲きの梅」として知られる熱海梅園は、
実は紅葉スポットでもあります。
もみじまつり期間中は、毎年恒例の熱海梅園もみじまつりフォトコンテスト、「もみじライトアップ」等を実施します。

【見頃:11月中旬~12月上旬】

観光情報詳細を見る

ito-maruyama

丸山公園(伊東市)

市街地からわずか徒歩20分、小沢川のせせらぎがひときわ閑静さをかもし出す「緑と水」が調和した公園です。
渓流のせせらぎと野鳥のさえずりの中での紅葉観賞をごゆっくりとお楽しみいただけます。

【見頃:11月中旬~12月上旬】

観光情報詳細を見る

ito-ippekiko

一碧湖(伊東市)

「伊豆の瞳」とも呼ばれる静かな湖で、秋の紅葉の時期には、木々が赤く染まり、落ち葉も積り、秋ならではの美しい景観を
描き出します。
暖かい陽だまりのなか、落ち葉を踏みしめながらの湖畔散歩を
楽しむことができます。

【見頃:11月中旬~12月中旬】

観光情報詳細を見る

kawazu-nanadaru

河津七滝(河津町)

河津では、滝のことを「たる」と呼び、「河津七滝」は、河津川にかかる7つの滝の総称。
片道約1時間かけて巡ることが出来る全長850mの遊歩道があり、46mの吊り橋や伊豆の踊り子像が2ヶ所あります。
なかでも『踊子と私』の像が立つ初景滝は、絶好の撮影スポット!

【見頃:11月下旬~ 12月上旬】

観光情報詳細を見る

izunokuni-hansyaro

韮山反射炉(伊豆の国市)

江川英龍父子が造り、砲数百門を鋳造したという耐火レンガ製の反射炉。
平成27年7月に韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録されました。
茶畑を上がった先にある展望台からは、お天気が良ければ、富士山と韮山反射炉のW世界遺産と紅葉とを楽しむことができます。

【見頃:11月中旬~12月中旬】

観光情報詳細を見る

izunokuni-egawatei

江川邸(伊豆の国市)

主屋・蔵・門・塀などの建物や、保有する古文書などの資料は、国指定重要文化財に指定されております。
知っていましたか?日本で初めてパンが焼かれた場所です!
室町時代に造られたと伝えられる内庭は、通常非公開ですが、紅葉の見ごろに合わせて特別公開されます。

【見頃:11月中旬~12月中旬】

観光情報詳細を見る