ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 観光協会おススメ!梅の名所2017(中部・西部編)

ここから本文です。

観光協会おススメ!梅の名所2017(中部・西部編)

後編は、中部・西部地区の名所をご紹介します。
冬でもほとんど雪が降る心配がない両地区。
お車をご利用される方は、ノーマルタイヤでお越しになっても大丈夫!
今年の大河ドラマの舞台になり、注目を浴びている静岡県!
ひと足先の春を感じに是非、お越し下さい♪

2017ume-chuseibu-main

2017ume-chuseibu-dokeiin

洞慶院(静岡市)

1452年に創建された曹洞宗寺院である「洞慶院」。
曹洞宗の開祖である道元が梅の花を好んだことから、代々の住職が植え継ぎながら育ててきた梅園は、今では「東海屈指の梅の名所」と言われるまでとなっています。

毎年1~3月にかけてロウバイを皮切りに白梅・紅梅と、約400本の梅が花を咲かせます。

【見頃:2月下旬~3月上旬】

観光情報詳細を見る

2017ume-chuseibu-nihondaira

日本平梅園(静岡市)

富士山を望む絶景スポットとして知られる国の名勝「日本平」の山頂にある梅園。
日本平パークウェイと日本平ロープウェイ乗り場へと続く道に隣接した梅園には、毎年2月になると霊峰富士をバックに白梅・紅梅・ロウバイなど約350本の梅の花が咲きます。

【見頃:2月中旬~3月上旬】

【梅まつり開催期間:2月11日(土)・12日(日)予定】

 [梅まつりが雨天の場合]
 ・11日(土)が雨天の場合→12日(日)のみ開催

 ・11、12日両日とも雨天の場合
  →翌週の18日(土)・19日(日)に変更となります。

  ご注意下さい。

観光情報詳細を見る

2017ume-chuseibu-rengeji

蓮華寺池公園(藤枝市)

「花と水と鳥」をテーマに作られた公園でボート乗り場やアスレチック広場、日本庭園などがあり、年齢を問わず楽しめます。

園内にある梅園には、約380本の梅の木が植えられており、早咲きのものだと1月から咲き始め、3月までさまざまな種類の梅を見ることができます。

【見頃:1月下旬~2月中旬】

観光情報詳細を見る

2017ume-chuseibu-ookusayama

大草山昇竜しだれ梅園(浜松市)

浜名湖畔のかんざんじ温泉に位置する大草山昇竜しだれ梅園。
竜が雲をつかみ天に昇るように仕立てられた昇竜しだれ梅をはじめ、全国でも類のない巨木を含む350本が見ごろを迎えます。
園内にはしだれ梅のトンネルやクリスマスローズもあり、美しい花の間を歩いて楽しむことができます。

【見頃:2月中旬~3月中旬】

観光情報詳細を見る

2017ume-chuseibu-chorakuji

長楽寺(浜松市)

約1200年前に弘法大師によって開かれたといわれているお寺。
遠州三名園のひとつ小堀遠州作の回遊式庭園があり、「満点星(どうだん)の庭」と呼ばれています。
元本堂跡地に続く石畳の階段の両側に梅が立ち並び、開花の時期には見事な「梅のトンネル」となります。
元本堂跡地にもたくさんの梅が咲き誇り、浜名湖の見える眺望も最高です!

【見頃:2月上旬~3月中旬】

観光情報詳細を見る