ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

誇り02 日本の近代化を支えた 世界遺産 韮山反射炉

日本の近代化の道も伊豆から。歴史が証する産業革命の世界遺産。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の「製鉄・製鋼」部門の構成資産として世界遺産登録された韮山反射炉。
製鉄・製鋼は、たたら製鉄の時代から軍事の重要要素であり、幕末に至ってそれは西洋式反射炉へと発展します。韮山反射炉は山口県の萩反射炉と並び、現存する二つの反射炉の一つです。わけても韮山反射炉は実際に大砲を鋳造した実用炉であり、炉を構成する素材も伊豆石や天城山由来の耐火煉瓦を使用していた点が興味深い点と言えます。
武家政権の時代を切り開いた源頼朝と、日本の近代化を導いた反射炉がともに韮山ゆかりであることは、歴史の不思議な暗合とも言えるでしょう。

ここから本文です。

韮山反射炉のみどころ

1853年にペリーが来航すると、幕府は海防の必要性を痛感し、韮山代官江川英龍に命じて大砲の鋳造を可能にする製鉄炉の建造に取り組みます。当初下田で着工された炉は、その後のペリーの下田入港を受けて韮山で建設されることとなり、二つの溶解炉を連ねたうえでその二組を直交させる四つの炉を持つ反射炉として1857年に完成し、18ポンドカノン砲などの西洋式大砲の鋳造が行われました。韮山反射炉の近隣では、江川英龍ゆかりの重要文化財江川家住宅が保存されています。

  • 誇り01 世界遺産としての圧倒的な文化的裾野 世界遺産 富士山
  • 誇り02 近代を鋳造した産業革命の世界遺産 世界遺産 韮山反射炉
  • 誇り03 無限とも言える自然の造型力の驚異 伊豆ジオパーク 堂ヶ島
  • 誇り04 火の島、伊豆半島の生成を語る断崖 伊豆ジオパーク 城ヶ崎海岸
  • 誇り05 戦国から近世への境域に建つ絢爛の美 久能山東照宮
  • 誇り06 山々と生態系と源流の、深き聖域 南アルプスエコパーク
  • 誇り07 茶と人と草の叡智が生んだ農業遺産 茶草場農法
  • 誇り08 遠つ淡海の魅力を再発見する遠江八景 浜名湖