ここから本文です。

しずおかツーリズムコーディネーター通信2022年1月号

takumisyuku

~自然に囲まれた歴史と未来を結ぶ場所 宿場町「丸子宿」にある国内最大級の工芸体験施設駿府匠宿~

cyanorenn

 JR静岡駅前よりバスで約30分、「駿府の工房 匠宿」を紹介します。
 静岡県の真ん中に位置する静岡市には、徳川家康公が隠居後に駿府城・久能山東照宮・浅間神社の造営の為に、全国から多様かつ高度な技術を有する職人を集めたことで根付いたと言われている静岡の伝統工芸技術があります。その伝統を後世に伝える為、静岡市が1999年に開設した体験施設が「駿府匠宿」ですが、2021年4月に地元・静岡市の建築設計事務所に運営を委託し、5月8日にリニューアルオープンしました。
 リニューアル後の匠宿は、とにかく施設の見せ方が面白いと聞き、今回訪れてみました!
それでは、匠宿に入ってみましょう!先ず、茶染めのれんを見つけて思わずパシャリ!「お茶」で染めたのれんってなんて素敵で、粋な色なんでしょう!こののれんにもあり、館内各所に見受けられるロゴマークに込められた意味は、格子模様の「未来」!これには、何故か新鮮さを感じました!リニューアル後の匠宿のコンセプトは、「歴史と未来を結ぶ場所」。匠宿は、東海道五十三次の20番目の宿場「丸子宿」にあり、江戸時代の人気作家、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」でも紹介されている歴史的背景の豊かな場所にある施設。そして未来の職人となる後継者育成もこの匠宿のひとつのゴール。「歴史と未来を結ぶ場所」にも納得です!
 館内に入ると新型コロナ感染拡大防止対策がしっかりとされています。こちらのエントランスには、何故かどこか高級な宿泊施設のレセプションのような印象を受けました。広い空間に静岡の駿河(するが)竹(たけ)千筋(せんすじ)細工(ざいく)で作られたシャンデリア!なんと豪華な設えでしょう!館内での質問等は、こちらで受けていただけるのでご利用ください。また、エントランスには、お土産品が並び、品揃えも静岡の銘菓やお茶等、充実していますよ。非売品の茶染めののれん、蒔絵、賤機焼等静岡の逸品も紹介されていますので、是非お立ち寄りくださいね。
 エントランスから前方に進むと広い庭が目の前に広がります。訪れた訪問者から「わぁ~~」と思わず声が出たくらい広々としたお庭です。お庭には、藍染めに使用する「藍」が植えられていました。(※10月末の情報です。)
 館内は、4つの工房と工芸品を販売するギャラリーで構成されています。工房は、工芸品にちなんで「火と土」、「木と漆」、「竹と染」、「空と森」というように名づけられており、館内で、私のお気に入りとなったのは、丸ひごを使用する竹細工です。静岡の竹細工は、古くから“駿河竹千筋細工”と称されていますが、これはかつて、岡崎藩士、菅沼一我が静岡に立ち寄り、清水猪兵衛に技術を教えたのが始まりと言われています。その後、清水猪兵衛は門弟を多数育て、菓子器や虫籠を作って販売し、世間に広めたとも言われています。明治に入ってからウィーンで開催された国際博覧会に日本の特産品として出品後、世界中でこの妙技が認められたのだそうです。
 ひごに関しては、他産地では、平ひごを用いるのに対し、静岡では、丸ひごを使います。その丸ひごを一本一本組み、千筋にすることが駿河竹千筋細工の特徴です。今では、国内の住宅インテリアの分野にも進出、電灯笠や行燈にも使用されるようになっているそうです。館内の至るところに飾られていますのでこちらも必見です!駿河竹千筋細工は、手間のかかる手作業の上、一人前になるのには5年から10年はかかると言われ、若い後継者の育成が急務とされているので「匠宿」が後継者育成に役立つと良いですね。
 駿河竹千筋細工のペン立てや花器等は体験時間約40分で2,000円台、染め物は、和染め等で1,100円~3,000円、陶芸は、絵付け、手びねり等1,200円~3,000円等、各種様々なものづくり体験コースがあります。個人向け、団体向けメニューを各種取り揃えているので是非一度、体験してくださいね。
 最後にグルメの紹介です。館内には、地元静岡の食材を中心に銀座の名店で長年修行したシェフが手掛けている「カフェ HACHI & MITSU」があります。HACHI&MITSU特製スパイスカレーや季節のフルーツタルトがこのカフェの人気メニュー。オシャレな雰囲気のカフェの中でホッと一息されるのも良いですよ。ちなみに、私はこちらで丸子ロイヤルミルクティーをいただきました!飲み口もすっきり、ほんのり甘みがあって気持ちが落ち着きました。丸子は、和紅茶の発祥の地とも言われており、丸子紅茶は、水色も綺麗で香りもよく、味もスッキリしているのでご存知の方も多いようですよ。
 また、匠宿周辺には、とろろ汁で有名な「丁子屋」もあり、400年以上の歴史を持つ老舗の味がお楽しみいただけますので、こちらも是非、ご賞味ください。
 お問合せ先: ・駿府の工房 匠宿
        〒421-0103 静岡県静岡市駿河区丸子3240-1
          TEL:054-256-1521
        HP: https://takumishuku.jp/

  • takumisyuku

    インフォメーション

  • niwa

    美しい庭

  • take

    駿河竹千筋細工

  • kafe

    施設内のカフェ

  • kare

    カレー

  • taruto

    フルーツタルト

ホーム > キャンペーン情報・特集 > おすすめの観光情報 > しずおかツーリズムコーディネーター通信2022年1月号