ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 大湯間欠泉

ここから本文です。

大湯間欠泉(オオユカンケツセン)

古来からの間欠泉で世界的にも有名な自噴泉。昼夜6回激しい勢いで噴出するため、地面が揺れるようであったと言われていましたが、大正12年に止まってしまいました。昭和37年に人工的に噴出する間欠泉として整備され、市の文化財として保存されています。

基本情報

施設名

大湯間欠泉
(オオユカンケツセン)

郵便番号

413-0018

所在地

静岡県 熱海市 上宿町3

お問い合わせ

電話番号

0557-86-6573

駐車場

駐車場

なし

大型バス駐車場

なし

施設設備・サービス

ペット同伴

不可

トイレ設備

なし

Free Wi-Fi

なし

飲食設備

なし

交通アクセス

新幹線を利用する場合:

熱海
(経路) JR熱海駅から徒歩15分

東名高速道路を利用する場合:

沼津IC
(経路) 国道136号、熱函道路経由で約45分

この情報は2020年08月07日の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

このスポットに興味がある人はこんなスポットも観ています。

周辺のイベント情報