ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 横地城跡

ここから本文です。

横地城跡(ヨコチジョウセキ)

 山城の中心「東の城」からは南に遠州灘、東に牧之原台地、その後方から北にかけて赤石山脈と南アルプスを望むことができます。
 「東の城」から西に向かえば「千畳敷」、「一騎駆け」、「金玉落とし」、「横地一族の墓」など、いたるところに名残をとどめており、時を越えて“中世の世界”を感じることができます。

 山城の中心「東の城」からは南に遠州灘、東に牧之原台地、その後方から北にかけて赤石山脈と南アルプスを望むことができます。  「東の城」から西に向かえば「千畳敷」、「一騎駆け」、「金玉落とし」、「横地一族の墓」など、いたるところに名残をとどめており、時を越えて“中世の世界”を感じることができます。

 山城の中心「東の城」からは南に遠州灘、東に牧之原台地、その後方から北にかけて赤石山脈と南アルプスを望むことができます。
 「東の城」から西に向かえば「千畳敷」、「一騎駆け」、「金玉落とし」、「横地一族の墓」など、いたるところに名残をとどめており、時を越えて“中世の世界”を感じることができます。

 横地城跡は桜の名所。千畳敷や散策道に多くの桜が植えられています。春には多くの人が花見とウォーキングを楽しんでいます。

 また、県立自然公園に指定された付近一帯には、桜や笹ユリをはじめとした野生植物、野鳥などの自然が豊富にあり、心なごむ空間が広がっています。

 横地城は室町期の遠江国有力国人横地氏の本城として築かれた山城。山頂を中心に「東の城」、「中の城」、「西の城」を構え土塁や堀切、曲輪などを配し、築造当時の面影を残している城跡として知られており、平成16年9月には国指定史跡に指定されました。
 横地氏は、藤原南家の系譜を引く藤原姓の一族で、平安時代から戦国時代初めの文明8年(1,476年)に、今川義忠によって滅ばされるまで栄えました。旧横地村が本貫地であるとともに、全国の横地姓の発祥の地でもあります。

基本情報

施設名

横地城跡
(ヨコチジョウセキ)

郵便番号

439-0022

所在地

静岡県 菊川市 東横地地内

お問い合わせ

電話番号

0537-73-1114

駐車場

駐車場

あり

大型バス駐車場

なし

備考

大型車2台分  普通車30台分

施設設備・サービス

ペット同伴

不可

トイレ設備

なし

Free Wi-Fi

なし

飲食設備

なし

交通アクセス

新幹線を利用する場合:

掛川
(経路) JR東海道本線に乗換→菊川駅からタクシーで15分

東名高速道路を利用する場合:

菊川IC
(経路) 南下しすぐの交差点を左折→新菊川橋を渡り→菊川私立病院前を通過→横地工業団地入口付近の看板案内のとおり左折

ユニバーサルデザイン情報

  • 多目的トイレ

この情報は2019年04月22日の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

このスポットに興味がある人はこんなスポットも観ています。

周辺のイベント情報