ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 観光ガイド > いほさき街道案内人

ここから本文です。

いほさき街道案内人

江尻の細井の松から由比の薩た峠までガイド

代表者名 堀 芳廣
所在地 〒 424-0032 静岡市清水区横砂東町26-24
電話番号 090-6574-7337
ファックス番号 0543-64-4074
メールアドレス brain-hori@sf.tokai.or.jp
ホームページ  
ガイド構成 全体人数: 5 人
案内方法 現地を一緒にウォークします。
案内地域 江尻の細井の松から興津宿を通って由比の薩垂峠の望嶽亭まで
案内時期 年中 事前連絡で相談
費用 無料 交通実費
外国語対応 英語
予約方法 申し込み方法:電話・E-mail
必要事項:希望日及び時間
申し込み先 名称:いほさき街道案内人
電話番号: 090-6574-7337
メールアドレス: brain-hori@sf.tokai.or.jp
モデルコース1 興津宿から薩垂峠越えして望嶽亭まで風光明媚と歴史文化、その名物・風習を紹介します。
モデルコース2 薩垂峠から興津川を渡って興津宿へ、清見寺や石積み防潮堤を紹介しつつ、井上馨侯爵の足跡をたどって延命地蔵尊や袖師の魅力再発見をガイドします。

おすすめ観光スポット

清見寺

清見寺の全様の写真

足利尊氏、豊臣秀吉、徳川家康など、史上に名高い人々とゆかりの深い寺で、明治天皇の御座所もあります。現在の寺は江戸時代に再建されたもので、家康が手植えした臥龍梅、秀吉が陣鐘とした梵鐘、天明年間に彫像された五百羅漢などが残っています。

水口屋ギャラリー

水口屋ギャラリーの外観の写真

江戸時代には興津脇本陣として、明治・大正・昭和には、別荘旅館として全国に名を馳せた一碧楼水口屋の歴史を後世に伝えたいという主旨により、フェルケール博物館の別館である「水口屋ギャラリー」を一般公開しました。

薩た峠

薩た峠からのすばらしい富士の眺めと下を走る東名高速道路の写真

すばらしい富士の眺めと東海道の難所として有名な薩た峠。現在では峠の下を東名高速道路がトンネルで抜け、JR東海道線、国道1号線が海岸線を走り、峠からは昔と変わらない富士の姿を望むことができます。

記載されている情報は、2008年9月11日 現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。