ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 観光ガイド > 磐田観光ボランティア「ふれあいガイドの会」

ここから本文です。

磐田観光ボランティア「ふれあいガイドの会」

磐田市を訪れる観光客や市民に「ふるさとの自然風土や歴史文化」などを紹介し、歩きを基本に「ふれあい」を大切に活動する。

代表者名 海老原 通宏
所在地 〒 438-0078 磐田市中泉3300-7 磐田市観光案内所内
電話番号 0538-33-1222
ファックス番号 0538-33-1222
メールアドレス iwata-kankou@mx.enshu-net.or.jp
ホームページ http://www.enshu-net.or.jp/iwata-kankou/
ガイド構成 全体人数: 30 人 男性数: 22 人 女性数: 8 人
案内方法 徒歩(その他相談)
案内地域 新磐田市全域(平成17年合併)
案内時期 随時
費用 無料(ガイド移動に伴う交通費及び施設入場料と案内が午前から午後にわたる場合の昼食代は利用者負担。)
予約方法 申し込み方法:電話連絡のうえ申込書提出
予約期限: 2週間前まで
受付時間: 9時00分~18時00分(年末と年始各3日間は休業)
必要事項:希望日及び時間、人数、希望する地域(コース等については事前に話し合って決定。)
申し込み先 名称:磐田観光ボランティア「ふれあいガイドの会」
住所:磐田市中泉3300-7 磐田市観光案内所内
電話番号: 0538-33-1222
FAX番号: 0538-33-1222
メールアドレス: iwata-kankou@mx.enshu-net.or.jp
モデルコース1 磐田駅-国分寺跡-見付宿(旧見付学校・天神社・各寺院)-いこい茶屋(見付宿めぐり徒歩210分) (休憩処)-旧赤松邸-府八幡宮-御殿遺跡-磐田駅
モデルコース2 磐田駅-鎌田御厨古墳群-新豊院山古墳群-銚子塚古墳(レンタル自転車コース300分)(以上が国指定)-一の谷中世古墳群-磐田駅

おすすめ観光スポット

府八幡宮

府八幡宮の外観

社伝によれば、創立は天平年間(729~748年)にさかのぼります。
楼門は寛永12年(1635)に建立されたもので県の文化財に指定されています。秋には「府八幡宮祭典」が行われにぎわいます。

旧見付学校

旧見付学校の外観

明治8年に建てられた現存する日本最古の木造凝洋風小学校校舎で、国の史跡に指定されています。館内は明治~昭和の教育資料の展示や当時の授業風景等を再現しています。

遠江国分寺跡

遠江国分寺跡の写真

今から1,200年前の奈良時代、聖武天皇の詔により五穀豊穣、国家鎮護のため、国府のあった磐田の地に建立されました。現在も七重の塔の礎石が残っており、当時をしのばせています。国の特別史跡に指定されています。

記載されている情報は、 2008年9月11日 現在のものです。 記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。