ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > しずおか乗る旅 > 10の路線で出かけよう!しずおか乗る旅モデルコース&わくわくインフォメーション > ここでしか会えない!なつかしく貴重な車両の宝庫 静岡県!

ここから本文です。

ここでしか会えない!なつかしく貴重な車両の宝庫 静岡県!

静岡県内では、日本の大動脈である国鉄東海道本線の駅を起点に、古くは神社・寺の参拝客をはじめ、温泉地を訪れる観光客、沿線工場からの貨物等の輸送の目的で、東西南北の交通網が整備されてきました。現在でも、かつて県内各社の発展に大きく貢献し、現在でも各社を支える貴重な車両がたくさん現存しています。各社の歴史に思いを馳せながら、全国的にも貴重な車両にぜひ会いにきてください。

JR東海
静岡運転所(現在、静岡車両区)
東静岡駅

静岡運転所は、昭和36年(1961年)に静岡地区における運転関係および電車のメンテナンス業務を担う国鉄の機関として開設され、東海道線の主要な電車基地、乗務員区所として活躍しました。所員数も多い時期で1,000名を超え、産業の発展や文化交流等、東西の輸送に貢献しました。
当所の乗務区間は、東海道線(上野~大垣間)、身延線、御殿場線に亘り、所属車両の運行区間は、更に長野県内まで走るものもありました。担当車両も、国鉄初の長距離高速電車として活躍し、湘南電車と呼ばれた80系や、東京~大阪間のビジネス特急「こだま」としてデビューした国鉄初の特急電車151系といったバラエティ豊かな車両が名を連ねました。
平成12年(2000年)に当所業務は、静岡運輸区と静岡車両区に移管され、かつての静岡運転所は、現在、静岡車両区として県内及び周辺線区で活躍する在来線車両をメンテナンスし、安全で快適な車両を提供しています。

東海自動車
ボンネットバス「伊豆の踊子号」(いすゞ
BXD30)新東海バス年川車庫

昭和39年(1964年)、いすゞBXD30のシャーシに川崎重工の車体を架装して登場。昭和51年には現在の「伊豆の踊子号」として復活し、日・祝日に浄蓮の滝~河津駅間を運行しました。
全国的にボンネットバスブームを起こす先駆者となりました。

伊豆急行
100系電車
伊豆高原駅

100系電車は、伊豆急オリジナルの電車で、当時は地味な茶色系の電車が一般的な時代に、大型窓と斬新な「ハワイアンブルー」の配色が話題となりました。平成14年に引退しましたが、平成23年の「開業50周年」で復元されました。現在では、イベント電車「レトロ電車 100系ぶらり旅」や「貸切団体電車」で活躍しています。
なお、土休日を中心にしたイベント電車の出番がない限り、伊豆高原構内にいます。伊豆高原構内は、伊豆高原駅前の広場から見えるので足湯に浸かりながらどうぞごゆっくりご覧ください。

伊豆箱根鉄道
ED31系電気機関車
大場駅

ED31系電気機関車は、昭和22年(1947年)に製造され西武鉄道で活躍していた機関車でしたが、伊豆箱根鉄道駿豆線の前身「駿豆鉄道」時代の昭和27年(1952年)に譲受されました。2両が在籍し、普段は構内留置されていますが、電車工場内の入換作業や夜間工事、定期検査の大雄山線車両の甲種輸送時には線内を牽引します。毎年11月23日開催の「ふれあいフェスタ」で公開され、試乗も可能です。
また、縁結び鉄道「いずっぱこ」?キャンペーンとして、毎年バレンタイン時期には、チョコレート色をしたED31系をチョコっとだけ運行しています。前後にはハート柄のヘッドマークを取り付けます。停車駅では一緒に記念撮影も可能です。

エスパルスドリームフェリー
清水港テルファー
日の出埠頭

鉄骨造、幅9m、高さ11m、延長110mの録有形文化財(建造物)。国鉄清水港線清水港駅に木材積込用に建設された鉄道施設です。全体では延長110mのコの字をしており、11mの高さに9m幅で架設されたⅠ型鋼の下縁に沿って、運転手室付きの電動捲揚装置が走行しています。水運と陸運間の交通結節点としての港湾の近代化を物語る施設です。

富士急行
ED40型・ED50型電気機関車
岳南富士岡駅

岳南鉄道(現在、岳南電車)では平成24年(2012年)まで、沿線の製紙工場からの紙パルプ輸送用に電気機関車が活躍していましたが、貨物廃止後は岳南富士岡駅に留置され、現在でもホームからその姿を見ることができます。
ED40型は2両あり(402は在籍、403は近日中に処分予定)、長野県の松本電鉄から、ED50型は名古屋鉄道から譲渡されたものです。

しずてつジャストライン(静岡鉄道)
車庫・電動貨車
長沼駅

静岡鉄道の長沼車庫は、長沼駅に隣接している車庫です。
車庫内には、大正15年 日本車輌製の電動貨車であり、かつて静岡から清水へお茶を輸送していたデワ1形があり、今でもイベント時等に展示しています。登場当時はポール集電でしたが、戦後パンタ化されました。

大井川鐵道
アプト式電気機関車 井川線アプト区間
(アプトいちしろ~長島ダム)

大井川鐵道は車両の博物館です。本線では4両の現役SLをはじめ戦前の客車あり、SL補機役の旧型電気機関車ありと、昭和10年代、20年代にタイムスリップしたような感覚になります。そして電車も元南海、近鉄、東急の車両を運用し、過去の活躍を知る人から最近は若い女性まで、大変人気があります。沿線は日本の原風景、本線区間では並走する大井川もゆったり、のんびりと流れています。
本線の終点千頭駅まで行くと井川線が待っています。元々はダム建設の資材さえ運べればいいというサイズで作られたので、トンネルの断面積が小さく、それに伴い、客車も小さく作るしかなくミニ列車とも呼ばれます。車内で立ち上がると頭が天井についてしまうという人も多いかもしれません。車窓は井川に近づくにつれて大井川のV字谷渓谷が深く、けわしくなります。そんな絶景を見ながら進む井川線はけっこうスリルがあります。
さて、井川線には日本一、日本唯一があります。なんと言っても、アプト式鉄道は日本唯一。アプトいちしろ駅~長島ダム駅の間はアプト専用電気機関車が連結され、国内普通鉄道では最も急勾配である1,000分の90の坂を登り下りしています。関の沢橋梁は国内鉄道橋の中では河床からの高さが日本一で70.8メートル。ちょっと強引かもしれませんが、秘境駅のランキングに入る駅も多数。特に尾盛は・・
車両のレトロ感、SLや井川線のゆっくりとしたスピード感。こんな不思議な鉄道をぜひ体験してください。

天竜浜名湖鉄道
扇形車庫・転車台
天竜二俣駅

かつて蒸気機関車が走っていた時代に、蒸気機関車の向きを変えるために使用していた「転車台」が天竜二俣駅の車両基地にあります。
国の登録有形文化財にも登録された歴史遺産です毎日時間指定で見学ツアーを開催しています。
【見学料】大人300円/小人150円(天浜線でお越しの場合割引有)
【開催時間】〈金・土・日・月・祝〉10時50分~、13時50分~〈火・水・木〉13時50分~"

遠州鉄道
電気機関車ED282
遠州西ヶ崎駅

ED282は、大正14年(1925年)製造の英国製電気機関車です。遠州鉄道には昭和35年(1960 年)に当時の国鉄より譲渡され、番号は国鉄時代の名称をそのまま使用しています。
現在でも車籍を保有し、通常時は遠州西ヶ崎駅構内に留置しており、ホームから見ることができます。長年にわたって遠州鉄道を陰ながら支える縁の下の力持ちで、主に営業の終了した夜間に工事列車として使用されています。
製造から90年を超えた現在でも、構造がシンプルであるため大きな不具合はありません。マスコンとブレーキのハンドル位置が通常の電車と逆なのが海外製っぽい特徴です。

  • 写真はすべてイメージです。
  • この情報は2017年2月28日のものです。