ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > モデルコース > 静岡県文化プログラム モデルコース > 地域に根づいた文化と歴史の物語をじっくり味わうノスタルジックなドライブの旅。静岡駅発、駿河湾フェリーで土肥・西伊豆・松崎を巡る1泊2日

地域に根づいた文化と歴史の物語をじっくり味わうノスタルジックなドライブの旅。静岡駅発、駿河湾フェリーで土肥・西伊豆・松崎を巡る1泊2日

ここから本文です。

JR静岡駅発着、清水港から駿河湾フェリーで西伊豆エリアへ。土肥港に着けば、そこは自然豊かな別天地。海鮮丼のランチにガラスアートの見学&体験、西伊豆ならではの夕陽スポットも巡ります。鰹節の伝統製法のお店もチェックしましょう。
翌日は人力車でスタート!松崎町のなまこ壁や歴史的名所を巡ります。花畑やジオサイトも見学し西伊豆町へ。漁師食堂の名物ランチ、堂ヶ島海岸クルージングと楽しみ、復路も駿河湾フェリーを利用します。盛りだくさんで大満足の1日になること間違いなしです。

Start

1日目

JR静岡駅

車で30分

1

駿河湾フェリー【清水港―土肥港】(70分)

車で5分

2

食事処さくら

車で20分

3

黄金崎クリスタルパーク

車で2分

4

黄金崎・こがねすと

車で8分

5

カネサ鰹節商店

車で15分、松崎町内に宿泊

6

2日目

松崎町「伊豆まつざき荘」集合。人力車で町内散策(中瀬邸・なまこ壁通り・伊豆文邸・長八美術館)

7

人力車伊豆松崎組

8

周辺散策①:伊豆の長八美術館

徒歩2分

9

周辺散策②:浄感寺(長八記念館)

10

周辺散策③:永楽堂

11

周辺散策④:アサイミート

ホテルに戻り、車で5分

12

室岩堂(石切り場ガイド)展望台

車で10分

12

沖あがり食堂

車で3分

12

堂ヶ島マリン

車で25分

12

駿河湾フェリー【土肥港―清水港】(70分)

清水港から車で30分

Goal

JR静岡駅

モデルコースを案内してくれたのは

跡見学園女子大学 澤田 みなみさん

時間がゆっくり流れているように感じる西伊豆は、のんびりと過ごすことができ、リフレッシュに最適な女子旅となりました。海岸線を巡ると天気や時間帯によって見える景色もガラッと変わり旅の道中も楽しめます。長い歴史や文化を持つ場所も多く、実際に目で見ると圧倒されるものばかり。文化と自然の融合を楽しめるこのコースはとてもオススメです!

跡見学園女子大学 芝崎 裕菜さん

西伊豆を初めて訪れ、美味しいお食事と体験をしながら、住んでいる方に優しく接して頂きました。「黄金崎」や「天窓洞」からの景色は絶景で、「長八記念館」や「浄感寺」では西伊豆の歴史について解説があり、歴史好きな方にもおすすめの場所です。2日間とっても幸せな気分になる旅行でした!

スタート

1日目

JR静岡駅

車で30分

駿河湾フェリー【清水港―土肥港】(70分)

駿河湾フェリー「富士」は全長83メートル、幅14メートル。清水港と土肥港を結ぶ航路「県道223号」

特別室(別途有料・船内販売)は見晴らしも最高。サービスのコーヒーを飲みながらソファーで寛ぎます

静岡市と伊豆市を結ぶ海の道「県道223(ふじさん)号線」を駿河湾フェリーが運航しています。清水港と土肥港を毎日4便往復し、わずか70分の海の旅です。船上からは駿河湾の360°パノラマと、海岸線から頂上まで一望できる雄大な富士山は、ここでしか味わえない景観です。船には車両ごと乗り込むことができ、渋滞知らずの快適な旅を楽しむことができるのでドライバーにもうれしい航路。土肥港に入れば、伊豆半島の西海岸や中伊豆にスムーズに移動でき、清水港は「三保松原」や「日本平」など観光地に近くて便利。船内では、売店のお土産、屋台のグルメ、くつろげる特別室などを楽しめ、駿河湾の魅力を満喫できるクルージングです。夕刻運行時の黄金色の夕陽鑑賞もおすすめです。

所在地:静岡県静岡市清水区日の出町10-80
問合せ:054-353-2221

後部デッキのトリックアートはフォトジェニックなスポット

8人定員の貸し切りの個室(別途有料・予約必要)。専用トイレやバルコニー、冷蔵庫なども完備

船内限定「県道223」の道路標識をかたどった大判焼きが人気。焼き立てをパクリ!

車で5分

食事処さくら

鮮度抜群で良心価格、気取らない店構えで地元のお客様にも人気の店です

海鮮丼と天ぷらそば。地元名物とろとろの海藻「トントン芽」も美味

温暖な気候、雄大な海岸美、豊かな自然環境に恵まれた伊豆半島。西海岸線にある土肥港フェリー乗り場近くには、地元で採れた旬で新鮮な魚介を最高の形で提供してくれる「食事処さくら」があります。地元の漁師から仕入れる金目鯛など極上の天然魚介をはじめ、珍しい深海のめぎすやミルクガニなどを一番おいしくいただける調理法にこだわり、良心価格で提供しています。旬のおすすめは、手書きの日替わりメニュー表をチェックしてみて。磯料理だけではなく、そば、うどん、カレーライス、丼物や定食などの定番メニューもあり、気取らない雰囲気でお子様連れでも安心。観光客はもちろんダイバーや地元の方にも愛されているお店です。土肥に来たら、立寄りたい食事処です。

所在地:静岡県伊豆市土肥690-8
問合せ:0558-98-0813

車で20分

黄金崎クリスタルパーク

「サンドブラスト」に挑戦!好きなシールを選びグラスに貼り、砂を吹き付け削って仕上げます

世界の優れた現代ガラス作品が集う常設展示コーナー。高い天井から自然光が差し込みます

ガラスの原料「珪石」の産地として日本のガラス文化を支えてきた西伊豆。「黄金崎クリスタルパーク」は、「見て・体験する」ガラスのテーマパークです。世界各国の優れた現代ガラス作品の常設展示のほか、独自のテーマによる企画展を定期的に開催。「ミラクルクリスタルワールド」では、各国で活躍中の万華鏡作家の作品を見て楽しめるだけでなく、自分自身が万華鏡の中に入る感覚が体験できる人気スポットも。体験工房では世界で一つだけのマイグラスづくりにもチャレンジできます。ガラスに砂を吹き付けて絵を描くサンドブラストをはじめ、ステンドグラスやフュージングなど様々な技法が体験できるのが魅力です。

所在地:静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須2204-3
問合せ:0558-55-1515

ガラスの原料となる珪石は小さな穴が無数に開いておりザラザラした感触

様々な万華鏡。時間を忘れてミラクルクリスタルワールドに引き込まれます

世界に一つだけのオリジナルグラスが完成!スタッフが丁寧に教えてくれます

車で2分

黄金崎・こがねすと

岩が馬の横顔、岩肌のクロマツがたてがみに見える「馬ロック」

「こがねすと」は木の柱や梁、大きな窓があり開放感いっぱいです

伊豆半島はジオパーク。西伊豆町にある「黄金崎」もジオサイトの一つ。夕陽を浴びて黄金色に輝き、落日の美しさと、駿河湾と富士山の絶景で知られる景勝地です。その輝く秘密は、黄鉄鉱などのキラキラ鉱物を含んでいるから。岩肌は海底火山の噴出物が温泉水や地熱などによって黄褐色に変化したものです。(県天然記念物指定)岬の先端にある馬の頭そっくりな岩壁は「馬ロック」の愛称で親しまれ、日本の奇岩百景にも選ばれています。黄金崎は岬全体が公園になっており、遊歩道や芝生広場にお花畑、展望台や三島由紀夫文学碑などがあります。散策のあとは、「こがねすと」で絶景を眺めながら休憩することができます。

所在地:静岡県 賀茂郡 西伊豆町 宇久須
問合せ:0558-55-0412

車で8分

カネサ鰹節商店

豊漁豊作を祈願し神ワラでお飾りを付けた潮鰹。田子地区の伝統を5代目が伝承しています

伝統を感じるのれんがかかった店内。潮鰹やハラモの燻製、塩辛バーニャカウダも販売

かつてかつお漁が盛んだった田子地区。「カネサ鰹節商店」は創業1882年、130余年の歴史を持つ鰹節の専門店です。地元でとれた薪を使い、昔ながらの製法「手火山焙乾法」で作られた本枯れ鰹節を作っています。また、正月の縁起物として食べられていた保存食の「潮鰹(しおかつお)」や、昔ながらの塩辛、燻製なども製造し、種類豊富な鰹商品が手に入ります。潮鰹は出汁の起源とも言われ、1,000年以上の歴史がありますが、現在は全国でも唯一ここでしか潮鰹は作られていません。店舗に隣接した工場では貴重な製造工程を見学することかできます(曜日限定/要予約)。燻された鰹節の良い香り、一つひとつ手作業で行う姿を通して、伝統の技と田子地区のかつお文化を体感できます。

所在地:静岡県賀茂郡西伊豆町田子600-1
問合せ:0558-53-0016

「手火山式は職人が手で鰹節を転がし燻す製法。高温で乾かすことで旨味が凝縮する」とスタッフの鈴木さん

潮鰹を干す風景も今では貴重。後世に残したい郷土の大切な伝統です

ここがおすすめ!

夕方にぜひ訪れてほしい「黄金崎」は、晴れていると駿河湾と富士山の眺望が楽しめます。「馬ロック」の名の通り岩の形が馬の頭に似ていて思わず何枚も写真を撮ってしまいました!「カネサ鰹節商店」の「潮鰹」は食べやすいふりかけタイプの販売もあり、卵かけご飯にかけたら絶品だそう。お土産にオススメです(澤田さん)。

「黄金崎クリスタルパーク」のガラスの世界は自分が万華鏡の中にいるような幻想的な空間でした!「カネサ鰹節」では昔ながらの製法を教えて頂き、あんなに手間がかかると知らなかったので、ぜひ西伊豆に来た際は立寄ってほしいお店です‬(芝崎さん)。

車で15分、松崎町内に宿泊

2日目

松崎町「伊豆まつざき荘」集合。人力車で町内散策(中瀬邸・なまこ壁通り・伊豆文邸・長八美術館)

人力車伊豆松崎組

時計塔が目印の中瀬邸は明治時代の呉服商家を再現した施設

公共の宿「伊豆まつざき荘」玄関。雨の中、かぶり笠を付けた車夫の島川さんがお迎え

西海岸に位置する松崎町は、史跡が多く、なまこ壁造りの漆喰の建物が印象的な町です。「花とロマンの町」として、「田んぼを使った花畑(2月中旬から5月5日)」や「那賀川沿いの桜並木(3月下旬から4月上旬頃)」などの花々を楽しむことができます。町では新たな名物として「人力車」があります。古い街並みを巡り、タイムスリップした気分が味わえます。2018年、先代の人力車・法被を受け継いた移住者が定期運行を復活。名所や歴史観光などの定番ルートの他、SNS映えする場所などディープなスポットをお客様の要望に合わせ提案してもらえます。なかでも、明治の呉服商家「中瀬邸」「なまこ壁通り」「伊豆文邸」を巡るルートは人気。名物の「桜葉餅」、「はやまのさつまあげ」、「川のりコロッケ」などの地元グルメ巡りもおすすめです。

所在地:静岡県賀茂郡松崎町松崎315-1(明治商家中瀬邸)
    静岡県賀茂郡松崎町江奈210-1(伊豆まつざき荘)
問合せ:090-7705-0768(人力車伊豆松崎組)

町を知り尽くした車夫のガイドを聞きながら名所を巡ります

明治43年頃に建てられた店舗兼住宅と2つの蔵から成る伊豆文邸

約3万4000平米の広大な農閑期の田んぼにアフリカキンセンカや姫金魚草などの6種類の花が順番に咲き誇ります

周辺散策①:伊豆の長八美術館

インパクトある建物が特徴的な長八美術館。日本の建築家石山修武氏の指揮のもと腕利きの左官職人たちが仕上げました

作品は立体的かつ緻密。鑑賞する角度によって印象が変わるから不思議です

松崎町出身で幕末から明治にかけて左官の名工として活躍した入江長八(いりえちょうはち)。”漆喰芸術の殿堂”として、昭和59年にオープンした「伊豆の長八美術館」には代表作約50点が展示されています。漆喰鏝絵とは漆喰と鏝(こて)を使って絵を描いたもので、絵画と彫刻技法を漆喰細工に応用して長八が芸術の域にまで高めました。斬新かつユニークな建物は、日本全国の有能な左官職人の技術を集結して作られ、「江戸と21世紀を融合させた建物」として建築会芥川賞といわれる吉田五十八賞を受賞し、世界的な建築物として注目されています。特別展や子どもも楽しめる体験教室などのワークショップも開催され、松崎町の文化的側面の一端を担っている美術館です。

所在地:静岡県賀茂郡松崎町松崎23
問合せ:0558-42-2540

徒歩2分

周辺散策②:浄感寺(長八記念館)

天井に描かれた鏝絵の「雲龍」は大迫力。ギョロリとした眼の表情が光の加減で変わるのだとか

掛け軸の十三世正観上人。入江長八も子弟の一人。寺再建に御恩報謝の念をこめ作品を残したのだそう

「浄感寺」は、浄土真宗本願寺派の末寺。本殿は、松崎生まれの左官の名工・入江長八の記念館です。入江長八は、当時住職であった十三世本多正観上人のもとで、この浄感寺で学問を学び、23歳で江戸へ出て、狩野派の絵を学びながら彫塑の技を修め、これを左官の業に応用し、漆喰と鏝で絵を描く独自の芸術を完成させました。浄感寺の再建に弟子とともに携わった長八は、本殿に天井絵や彫刻・漆喰細工などを施し、中でも最高傑作と名高い「雲龍」と「飛天の像一対」(2011年県指定有形文化財指定)は必見。見る角度や光の加減で見え方が変わる鏝絵の妙が間近でじっくり味わえます。境内には「伊豆長八顕彰碑」や「伊豆長八像」とともに長八のお墓もあります。

所在地:静岡県賀茂郡松崎町松崎234-1
問合せ:0558-42-0481

周辺散策③:永楽堂

古い建具や柱や軒が松崎の町の風情にしっとり溶け込んでいる永楽堂

桜葉餅はほどよい塩味とあんの甘味が上品なハーモニーを奏でます

全国生産の7割を占める塩漬桜葉を使った松崎の名物「桜葉餅」。明治6年創業の老舗菓子処「永楽堂」の桜葉餅「長八さくらもち」は、桜葉を2枚使い挟み込んだ逸品。つぶしあんを上新粉ともち粉の皮でくるみ、上品な桜葉の香りと柔らかな食感、餡の甘さと桜葉の塩気のバランスが絶妙でうっとりするおいしさと人気。大正時代の風格が漂う店舗のたたずまいも魅力のひとつです。桜葉は、特有の芳香成分「クマリン」の含有量の多い「オオシマザクラ」を使用していて、塩漬けの頃には松崎の町が桜葉の香りに包まれる。

所在地:静岡県賀茂郡松崎町宮内300-2
問合せ:0558-42-0270

周辺散策④:アサイミート

川のりコロッケはサクッとふわっと香る磯の風味が最高!揚げ物タイムには揚げてくれます

川のりコロッケをはじめ揚げ物類は揚げる前の状態でも購入可能

松崎に昭和8年に創業し、地元の食材を中心に、厳選した素材を使った手作りのお惣菜が人気のお店です。「川のりコロッケ」は、香りの良さ、風味の良さで知られる松崎町の冬の味覚「川のり」を練り込んだ人気商品。毎年1月から2月上旬にかけて、河口部でしか採れないという希少な川のりを、北海道産帯広産「きたあかり」、稀少な「えごま豚」と合わせたコロッケ。揚げたてを一口食べれば、磯の香りがふんわりと口いっぱいに広がり、病みつきになるおいしさ。他にも「桜葉豚みそ漬」、「ひじきウインナー」など、松崎町の食材を使った商品が味わえます。
※揚げ物タイム(9:30~14:00、15:00~17:30)

所在地:静岡県賀茂郡松崎町松崎451-1
問合せ:0558-42-0298

ホテルに戻り、車で5分

室岩堂(石切り場ガイド)展望台

洞内の広さは約2000平米、内部を巡る遊歩道は180メートル。ジオガイドの解説を聞きながらの見学がおすすめ

石切り職人を再現した数体の石像が置かれ、石を切り出した当時の様子が想像できます

松崎町のジオサイトの一つ。江戸時代から昭和29年頃まで「伊豆石」を切り出していた石切り場の跡です。閉山後の昭和57年に観光整備され、遊歩道が作られました。「伊豆石」は、伊豆半島が海底火山であった時代に海底に降り積もった火山灰が長い年月を経て凝灰岩へと変化したもので、江戸城の街作りに活躍したそうです。室岩洞には、手掘りのノミの跡、地下水のたまった石室跡などがほとんど当時のまま残されており、トンネル状の石丁場内の地層や石切跡を観察できます。見学可能時間には、洞窟内の照明が点灯しています。わずかな明かりを頼りに洞窟の中を探検するのは、太古の歴史が息づく地球の神秘や、アドベンチャー映画のようなスリルを感じさせてくれます。

所在地:静岡県賀茂郡松崎町道部
問合せ:0558-42-3964(松崎町企画観光課)
問合せ:0558-42-0745(松崎町観光協会)※ガイド要予約(有料)

車で10分

沖あがり食堂

大漁旗が威勢のいい雰囲気の店は、観光客はもちろん地元の人たちでも大賑わい

イカを短冊切りにした「イカス丼」(右)、漬けの「夕陽丼」(奥)、W盛りの「いか様丼」(手前)とネーミングもユニーク

西伊豆町にある漁協直営のお店です。仁科漁港に隣接していて、素材の鮮度抜群な魚介類を販売する直売所と食堂が一体となっています。スルメイカを乗せた「イカス丼」、漁師秘伝タレに漬けたイカの刺身と卵の黄身を乗せた「夕陽丼」、スルメイカと漬けを乗せた「いか様丼」など、名産のイカを気軽に味わえるユニークな丼ぶりが揃っています。期間限定(9月下旬~3月)の「ヤリイカ丼」も人気です。他にも水揚げしたサザエを仁科の自然で育った鶏の卵でとじたサザエ丼、お刺身定食があります。店内にある新鮮な魚介類を購入後、調理してくれるサービスも特別感あり。セルフサービスの店内で、新鮮ぷりぷりな魚貝を勢いよく「かっこむ」のがここでの流儀。活気のある調理場や大漁旗が食欲に拍車をかけてくれます。

所在地:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科980-6
問合せ:0558-52-0018

車で3分

堂ヶ島マリン

堂ヶ島公園内の遊歩道は展望台や休憩所があります。絶景を堪能しながら散策しよう!

遊覧船で洞窟に入れば、天窓洞から差し込む光を受けて海の色が変化します

伊豆ジオパークとして見どころ豊富な西伊豆町の「堂ヶ島」。なかでも、変化に富んだリアス式海岸と点在する島々を巡り、青の洞窟「天窓洞」(国天然記念物指定)へ向かう「洞くつめぐり遊覧船20分」クルージングは人気があります。天窓洞は凝灰岩からできている海触洞窟で、洞窟の巾は広く、長さは147mにも達します。天井が丸く抜け落ちて天窓となし、そこから光が射し込む中をクルーザーで進みます。差し込む光の美しさはまるで天使が舞い降りてくるように幻想的。季節・時間・天候により海面の色が変化する様子も神秘的。光景や大自然が織りなす、彫刻のような岩も迫力満点です。さらに、陸地から歩く遊歩道では、「天窓洞」を上から覗いたり、三四郎島が一望できる展望台もあっておすすめです。

所在地:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060
問合せ:0558-52-0013

西伊豆の旅のクライマックス。自然がつくり出した造形美を堪能するクルージングへ!

ジオサイトの岩肌、海に浮かぶ三四郎島や遊覧船の航路を眺めます

ミルフィーユ状に重なって見える白く美しい火山灰層。岩肌を歩いて降りることもできます

車で25分

駿河湾フェリー【土肥港―清水港】(70分)

ここがおすすめ!

人力車による観光案内が楽しめ、歴史ある建造物や都会では見かけることの少ない「なまこ壁」など自分達だけで巡っていたら知ることの出来ない知識を沢山説明してもらえます!
「永楽堂」の桜葉餅はお餅の甘さと桜葉の塩気が絶妙にマッチする絶品。地元の方に愛される精肉店の「川のりコロッケ」は海苔の風味が一気に口の中に広がる一品です(澤田さん)。

ホテルからは人力車で出発!西伊豆の伝統や歴史を教えてくださり聞き入ってしまいました!一番のおすすめは「堂ヶ島マリン」の遊覧船。天窓洞から太陽が差し込み、海の色は見たこともない綺麗な色で素敵な場所です!天窓洞の上を覗ける遊歩道もおすすめです(芝崎さん)。

清水港から車で30分

JR静岡駅

ゴール

モデルコース周辺で開催される文化プログラム

静岡県文化プログラム推進委員会

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向け、オリンピック憲章で開催が定められた「文化プログラム」が、全国で開催されます。
静岡県文化プログラム推進委員会は、文化・芸術振興や文化・芸術による地域・社会課題対応を目指して、取組を進めています。