ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > モデルコース > 東海自然歩道

ここから本文です。

東海自然歩道

「東海自然歩道」は、東京高尾山から大阪箕面を結ぶ全長約1,700kmの長距離歩道です。日本の美しい自然や貴重な文化財を守り、多くの人々が足で歩いて自然の魅力にふれる健全なレクリエーションと情操教育の場として、昭和45年から整備されました。

この歩道は、沿線の自然保護をはかりながら、ハイキングを楽しめるように整備されています。野鳥のさえずり、清らかな渓流、木漏れ日が射し込む緑の林、めずらしい野生小動物の生態、そして由緒ある寺社や古墳などの文化遺産があります。 経験・体力・技術に合わせた計画を立て、四季折々の自然を満喫してください。

東海自然歩道(静岡県本コース)

本コースは、総延長176.3km。

富士宮市最北端の根原から、愛知県境の浜松市北区引佐町鳶ノ巣山付近まで、緑に覆われた山間部を通過するコースが多いのが特色といえます。

場所によっては急勾配な坂道が続く健脚向きのコースもあります。地形図や交通機関の下調べをよくするとともに、コースの各所にある案内標識や解説標識などにも注意してください。

※紹介したコースは、本コース以外に一部バイパスコースやその他の歩道を含んでいます。 

A 朝霧高原・長者ヶ岳エリア

B 興津川・竜爪山エリア

C 大山・宇嶺の滝エリア

D 高根山・金剛院エリア

E 新宮池・秋葉山エリア

F 渋川つつじ・天竜美林エリア

東海自然歩道(静岡県バイパスコース)

パンフレット表

 ダウンロード(PDF:1,874KB)

パンフレット裏

 ダウンロード(PDF:5,202KB)

バイパスコースは、総延長141.7km。このコースは富士宮市猪之頭から枝分れし、藤枝市蔵田で本コースと接続します。歩きやすさや交通アクセスなどを考えて設定されたコースです。東海自然歩道で初めて海岸線を巡るコースやロープウェイの利用を設定しました。また、枝線を設けて、鉄道やバスとのアクセスに配慮しています。

※紹介したコースは、バイパスコース以外に一部その他の歩道を含んでいます。

東海自然歩道の概要

起終点

起点/東京都=明治の森高尾国定公園

終点/大阪府=明治の森箕面国定公園

通過都府県(11都府県)

東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、奈良県、京都府、大阪府

延長距離

1,697.2km(平成4年度改定分を含む)

東海自然歩道連絡協会ホームページ

http://www.tokai-walk.jp/

東海自然歩道静岡県コースパンフレットをご希望の方は、静岡県観光政策課(県庁東館)に受け取りに来ていただくか、または下記メールアドレス宛に、郵便番号、住所、氏名、電話番号を記載しご請求ください。
なお、東海自然歩道が通っている市町役場においても配布しております。

担当:静岡県文化・観光部観光・空港振興局観光政策課
電話:054-221-2541 ファックス:054-221-3627 メールアドレス:kankou2@pref.shizuoka.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。