ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

誇り07 茶と人と草の叡智が生んだ農業遺産 静岡の茶草場農法

茶、人、草。自然を生かし、自然に生かされた文化が世界農業遺産。

静岡県の茶畑には、ほかの地域では見られない景観があります。緑が列を成す茶畑の傍らに、ススキやササの草むらが点在しています。この草むらから刈られた草は、茶畑の中に敷かれ、茶畑の土壌を肥えさせ、ひいてはお茶の味をより上質なものにするために活かされています。
近代的な農業がその土地の植生の幅を狭めがちだったことに対し、逆に生物の多様性を補完しているこの茶草場(ちゃぐさば)農法は、全世界でも登録地の限られた世界農業遺産に認定されました。
典型的な景観は掛川市などで見ることができます。人の介在によって自然と農のバランスが保たれる。それはひとつの文化的景観となっています。

ここから本文です。

静岡の茶草場農法とは

茶草場農法が世界的に評価されたのは、草刈場が生物多様性の保全に大きく貢献しているばかりではなく、農業と生物多様性を両立させ、しかもそれが質の良いお茶の生産に結びついているためでした。茶草場農法は、県中部、西部の川根本町、島田市、掛川市、菊川市、牧之原市にみられ、中でも掛川市の東山周辺、粟ヶ岳周辺が典型的な茶草葉農法の地域として知られています。茶草場農法によって保全される自然として、カワラナデシコなどの秋の七草やササユリが有名です。

かっぽし

裁断

  • 誇り01 世界遺産としての圧倒的な文化的裾野 世界遺産 富士山
  • 誇り02 近代を鋳造した産業革命の世界遺産 世界遺産 韮山反射炉
  • 誇り03 無限とも言える自然の造型力の驚異 伊豆ジオパーク 堂ヶ島
  • 誇り04 火の島、伊豆半島の生成を語る断崖 伊豆ジオパーク 城ヶ崎海岸
  • 誇り05 戦国から近世への境域に建つ絢爛の美 久能山東照宮
  • 誇り06 山々と生態系と源流の、深き聖域 南アルプスエコパーク
  • 誇り07 茶と人と草の叡智が生んだ農業遺産 茶草場農法
  • 誇り08 遠つ淡海の魅力を再発見する遠江八景 浜名湖