ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 静岡の魅力 > 世界に誇る静岡県! > 伊豆ジオパーク 城ヶ崎海岸

誇り04 火の島、伊豆半島の生成を語る断崖 伊豆半島ジオパーク 城ヶ崎海岸

太古の伊豆の火山活動を物語る、溶岩の雄々しき断崖の果て。

かつて南海の火山島だった伊豆半島が、フィリピン海プレートとともに膨大な時間の流れの中を次第に北上し、日本列島に衝突して伊豆半島となったことは、現在ではよく知られるようになりました。
伊豆ジオパークを代表する景観の一つとなっている伊東市の城ヶ崎海岸も、約4000年前の火山活動によって形成されたもの。
大室山付近の火口から流れ出した大量の溶岩が相模湾まで流れ下り、その末端が荒々しい岩場の断崖として屹立しています。海水で冷やされた溶岩に見られる、柱状節理も見事。数千年前の太古の時間がそのまま岩塊化したような景観は、悠久の大地の中にうごめく巨大な力を想像させてくれます。

ここから本文です。

名所「伊豆八景」

相模湾に流れ込んだ溶岩が複雑な地形となった城ヶ崎海岸一帯。その北部の門脇埼付近は、溶岩流の構造や地形形成のメカニズムを見る格好のポイントで、つり橋からは溶岩が冷えてゆく際に生じる柱状節理や、すでに冷えて固くなった表層を破壊しつつ溶岩が流れた経過も見てとることができます。宇根は、富戸海岸の溶岩地形を遠望できるほか、江戸城のために用意されたという築城石で知られ、また城ヶ埼海岸南部にはテーブル状溶岩のいがいが根などの見どころがあります。

  • 誇り01 世界遺産としての圧倒的な文化的裾野 世界遺産 富士山
  • 誇り02 近代を鋳造した産業革命の世界遺産 世界遺産 韮山反射炉
  • 誇り03 無限とも言える自然の造型力の驚異 伊豆ジオパーク 堂ヶ島
  • 誇り04 火の島、伊豆半島の生成を語る断崖 伊豆ジオパーク 城ヶ崎海岸
  • 誇り05 戦国から近世への境域に建つ絢爛の美 久能山東照宮
  • 誇り06 山々と生態系と源流の、深き聖域 南アルプスエコパーク
  • 誇り07 茶と人と草の叡智が生んだ農業遺産 茶草場農法
  • 誇り08 遠つ淡海の魅力を再発見する遠江八景 浜名湖