静岡デスティネーションキャンペーン プレキャンペーン:2018年4月1日(日)~6月30日(土)

ホーム > 静岡デスティネーションキャンペーンとは

静岡デスティネーションキャンペーンとは

ここから本文です。

デスティネーションキャンペーンとは

地方自治体、地元関係者等とJRグループ6社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)及び旅行会社が協力し、開催期間の3カ月間に重点的かつ集中的な広告宣伝やプロモーション活動などを実施することで、全国から観光誘客を図り、地域を活性化させることを目的として実施する国内最大級の観光キャンペーンです。

静岡デスティネーションキャンペーンは、2019年4月~6月の本番と、その前年のプレキャンペーン(2018年4月~6月)と後年のアフターキャンペーン(2020年4月~6月)を加えた3カ年をキャンペーン期間としてプロモーション活動を実施します。
静岡県では19年ぶり3回目の開催となります。

プレキャンペーン:2018年4月1日(日)~6月30日(土)

本番:2019年4月1日(月)~6月30日(日)

アフターキャンペーン:2020年4月1日(水)~6月30日(火)

ロゴマーク

アッパレ!しずおか元気旅

アッパレ しずおか元気旅

静岡には、国内外に誇る「アッパレ」なものがいっぱい!
そんな静岡ならではの魅力に触れる旅は、
あなたの心も体も元気に、晴れやかにしてくれます。

「アッパレ」というシンプルなフレーズと、
宝永山を力こぶに見立てた富士山のデザインで、

  • 温暖で明るいこと
  • 素晴らしい多彩な魅力にあふれていること
  • 訪れた人が気分爽快になったり、ご利益を授かって、元気になれることを力強く表現しました。

このロゴマークは静岡文化芸術大学デザイン学部の学生の皆様が作成しました。

静岡デスティネーションキャンペーンのロゴマークは、静岡文化芸術大学の御協力のもと、デザイン学部の学生9名に作成していただきました。

ロゴマーク制作過程を見る

静岡デスティネーションキャンペーンの取り組み

現在、静岡県の5つの地域(伊豆、富士山、するが、中東遠、浜松・浜名湖)で、それぞれの地域の観光素材の掘り起こし、磨き上げを行っています。プレDCに向け磨かれた各地域の「アッパレ」な観光素材をご紹介します。

ページの先頭へ戻る