ここから本文です。

しずおかツーリズムコーディネーター通信2022年3月号

doramakann

~令和4年1月15日(土) 韮山時代劇場にオープン!「鎌倉殿の13人 伊豆の国 大河ドラマ館」を紹介します~

houjyo

 1月9日(日)に放送が開始された大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、みなさんご覧になっていますか?伊豆(国)が最初の舞台となっている今作、その放送にあたり、北条義時が生まれた地、北条ゆかりの国である「伊豆の国市」に、「鎌倉殿の13人 伊豆の国 大河ドラマ館」が1月15日(土)にオープンしました!私もさっそく行ってきましたので、その様子をみなさんにご紹介します。
 「鎌倉殿の13人 大河ドラマ館」は、伊豆箱根鉄道「韮山駅」から徒歩約5分、平成9年に開館し、さまざまな文化・活動を体験できる複合施設として市民から親しまれている「韮山時代劇場(伊豆の国市韮山文化センター)」の一角にオープンしました。
 大河ドラマ館に到着したら、まず券売機で入場券を購入します。手指の消毒、検温を済ませたら、さぁ、入館です!館内にはいると、今回主役の小栗旬さんが演じる、北条義時がお出迎えです(笑)。まるでいらっしゃいませと言わんばかりに手を広げているポーズにうっとり!館内には、小栗旬さん演じる義時がドラマで着用した衣装のレプリカ、小池栄子さんが演じる北条政子や新垣結衣さんが演じる八重姫が着用した実物の衣装等が展示されていました。実物大の北条義時公をパシャリ!出演者のサイン色紙もありました!!次に、フォトスポットに向かいました。ここは、2回目に放送された湯河原での入浴場面でしょうか?烏帽子が用意されていました。義時や源頼朝になったつもりで、烏帽子を被り記念写真を撮影してみては如何でしょう?
 次に、この大河ドラマ館で一番人気のシアター映像コーナーです!ドラマのダイジェスト紹介やメイン出演者のインタビュー、伊豆の国市で行われたオープンセットロケのメイキング映像の他、市内の北条家ゆかりの地などを紹介するビデオを3本ご覧いただけますよ。これまで大河ドラマ館というとメイキング映像は1本の上映だったそうなので、この大河ドラマ館では、3本(計約20分)もご覧いただけるというなんとも贅沢な、思いもよらぬ贈り物です!是非お見逃しなく!!
 さて、大河ドラマ館を満喫した後には、併設されている伊豆の国物産館に立ち寄りました!伊豆の国市ならではの特産品が中心に販売されています。一番人気は「いちご大福」だそうですよ!他にもいちごスイーツ、その日の朝の蒸したての温泉まんじゅう、義時の吟醸酒や純米吟醸酒、黄金の御朱印帳、黄金の小風呂敷等など、地場産品を中心に約250品がラインナップされています。併せてお立ち寄りくださいね。
 お土産を購入した後は、その奥にある入場料無料の特別企画展「義時の里」へ。義時の年表、暮らしぶり等の資料が展示されています。ボランティアガイドさんの解説をぜひ、聞いてみてください。さらに深くこの北条の里を知ることができますよ。
 最後に、韮山時代劇場の2階に、素敵なフォトスポットがあると聞き行ってみました!ハート型に富士山が入るというなんとも嬉しくなってしまう画像が撮れますよ♪富士山の絶景がお楽しみいただける隠れスポットです。天気の良い日には是非訪れてみてくださいね。
 大河ドラマ館を訪れた後は、伊豆の国市が作成したゆかりの地を巡るモデルコース、「義時コース」や「政子コース」を散策するのもおすすめです。義時コースは、江間小四郎の名が残る地域、義時公が建立した寺や厚い信仰心を抱いた神社等を巡るコースです。政子コースは、北条氏の本拠地、守山周辺、平治の乱に敗れ、源頼朝が配流されたとされる土地、蛭ヶ島、その蛭ヶ島公園には、源頼朝と政子をイメージした「蛭ヶ島の夫婦(ふたり)」像が田園風景越しに富士山を眺めています。このようなコースを巡り、義時や政子の足跡を感じられる場所を訪れ、歴史散策をお楽しみください。
 大河ドラマ館へのアクセスに便利な伊豆箱根鉄道の車両には、北条義時号、北条政子号、源頼朝号というヘッドマークが掲出されていました。因みに私が乗車した電車は、「北条政子号」でした。その上、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の「ラッピング電車」が運行されていますので、伊豆箱根鉄道ホームページに掲載の運行予定を確認して乗車することも可能です。

 最後にグルメの紹介です。今の時期は、やはり「いちご」!伊豆の国市は、県内でも有数の「いちご」産地で、中でも、伊豆長岡エリアの「江間」は、伊豆の国市内で最大級の「いちご狩り」のハウス数を誇ります。かつてこの江間には、義時の館がありました。江間地区も義時ゆかりの地ですね!そのゆかりの地で、酸味と甘みのバランスが抜群の「紅ほっぺ」、いちごの皮が柔らかく酸味がすくない甘さが特徴の「章姫」等が味わえる「いちご狩り(12月15日~5月6日まで)」もぜひ、お楽しみください。また、韮山周辺にはお蕎麦屋さんが多く、なかでも私が訪れた「橘」のお蕎麦は、香りとのど越しがよく、美味しかったです。このお店の前から見える富士山も絶景でしたよ♪また、蛭ヶ島公園の頼朝公と政子をイメージした「蛭ヶ島の夫婦(ふたり)」像の近くにある「蛭ヶ島茶屋」では、無料でお茶のサービスがあり、軽食もお召し上がりいただけます。私のお気に入りは、「餅売り姥(うば)と成願寺(じょうがんじ)」という伝説をなぞって作られたヨモギ餅の磯辺焼き「成願餅」です。こちらで、ほっと一息されるのもおすすめです。
 <基本情報>
開 館 期 間 令和4年1月15日(土)~令和5年1月15日(日)※予定
開 館 時 間 午前9時00分~午後5時00分
休 館 日  水曜日(祝日の場合は翌日以降の平日)
       ※令和4年1月および2月は休まず開館
       ※令和4年4月29日~5月8日の間は開館
駐 車 場  無料大駐車場(乗用車:180台  大型バス:2台)
入 場 料  大人400円(団体300円) 小・中学生100円(団体50円)

お問合せ先: 
鎌倉殿の13人 伊豆の国 大河ドラマ館
〒410-2123 静岡県伊豆の国市四日町772 韮山劇場内
TEL:055-949-8606
HP: https://izunokuni-taigadramakan.jp/

  • gosyuinn

    御朱印帳

  • jyunnmai

    純米吟醸

  • ginnjyou

    吟醸酒等

  • ha-to

    ハート型富士山

  • itigo

    いちご

  • soba

    そば

ホーム > しずおかツーリズムコーディネーター通信2022年3月号