西部エリア

浜松城

西部エリアは、自動車・楽器など、ものづくりのまちとして知られる浜松を中心とした都市の魅力に加えて、浜名湖畔の美しい景観や、里山に広がる美しい茶園、静岡県最南端の岬から望む水平線など、様々な自然の魅力にも触れられるエリアです。
西部エリアでは、アミューズメントパークで四季の花を楽しむのもよし、湖畔の温泉でのんびりするのもよし。浜松城や掛川城をはじめとする歴史スポット巡りや、うなぎ・浜松餃子などの名物グルメも外せません。アクティブ派にはマリンスポーツやサイクリングもおすすめ。
ぜひ、目的に合わせて多彩な旅をお楽しみください。

ここから本文です。

このページの内容

西部エリアの観光スポット

西部エリアを代表する観光地といえば、浜名湖エリア。にぎやかなアミューズメントスポットとしての顔と、風光明媚な景勝地の顔をあわせ持ち、温泉、グルメも楽しめます。
四季の花や庭園の魅力に触れられるはままつフラワーパークや浜名湖ガーデンパークは憩いの観光スポット。眺望なら湖上を渡るかんざんじロープウェイや浜名湖遊覧船のクルーズがおすすめです。また、約30種類のアトラクションがある遊園地・浜名湖パルパルは、子供が思いっきり遊べる遊園地です。1日たっぷり遊んだら、湖畔の舘山寺温泉でゆったりと温泉につかるのもお楽しみ。塩分濃度が高く健康効果が感じられるお湯につかってリフレッシュしましょう。
掛川市の粟ヶ岳山頂にある「茶文字」が目を引く「茶草場テラス」では、伝統的な茶草場農法を守り続けている広大な茶園が織りなす風景を一望できます。また、御前崎の岬には日本に16基しかない登れる灯台があり、青く輝く水平線と空、晴れていれば伊豆半島や南アルプス、富士山も望むことができます。
歴史に想いを馳せ、心静かに過ごしたいときは、女城主・井伊直虎が眠る龍潭寺や、遠州地方を代表する三古刹「遠州三山」の法多山尊永寺萬松山可睡斎、医王山油山寺へ。森町にある遠江國一宮 小國神社も、創建から1400年余年という由緒ある神社でぜひ訪れていただきたいスポット。お詣りを済ませたら30万坪の古代の森を散策したり、「小國ことまち横丁」のカフェでひと休みするのもおすすめです。
また、徳川家康が17年間在城し、のちの城主が次々と江戸幕府の要職に就いたことから出世城と呼ばれる浜松城、日本100名城に認定された掛川城は、歴史ファンならずとも必見のスポットです。

 

西部エリアのグルメ・おみやげ

西部エリアのグルメといえば、浜名湖のうなぎ。浜名湖のうなぎ養殖の歴史は100年以上と古く、浜松市内には地元産うなぎにこだわった老舗の名店が数多くあります。炭火で焼き、代々継ぎ足されたタレにつけたうなぎは香ばしく、表面はパリッ、身はふっくらとして、まさに至高の美味しさ。かば焼きはもちろん、わさびで食べる白焼き、まぶし茶漬けも心ゆくまで味わってください。
うなぎと並び外せないのは、浜松市のご当地グルメ、浜松餃子。地元で生産されたキャベツなどの野菜がたっぷり入った餃子は、野菜の甘みと豚肉のコクのバランスが絶妙です。円形に並べて真ん中に茹でたてのもやしを添える盛り付けスタイルも特徴。持ち帰りできる店も多く、お土産にもぴったりです。
他にも、大粒で濃厚な味わいの浜名湖の牡蠣や、メロンに匹敵する甘さと言われる森町特産のトウモロコシ「甘々娘」、良質な脂と柔らかな肉質、コクのある味わいの「遠州夢咲牛」なども、西部エリアを訪れたらぜひ味わいたいグルメです。

お櫃うなぎ茶漬

うな重

地元の特産品を使った、ご当地スイーツ・お菓子も外せません。まず訪れたいのは、大茶園が広がるお茶どころ・西部エリアならではのお茶カフェ。菊川市にある「サングラム」は創業100年を超える製茶場が運営しており、生産者ごとの茶葉の個性を味わえる「シングル茶葉」を丁寧に淹れたお茶と、お茶に合うスイーツがいただけます。菊川市には地元の人気菓子店「たこまん」に隣接する和カフェ「遠州茶家」もあり、新茶シーズンにはお茶づくしのモンブランが登場。特製の抹茶ぜんざいは通年で楽しむことができます。また、掛川市にある「日本茶きみくら本店」と姉妹店の「KIMIKURA CAFE」では、和洋のお茶スイーツが揃っています。
お土産に人気なのは、静岡土産の定番「うなぎパイ」やふんわり焼き上げたブッセ「大砂丘」、浜松銘菓の「あげ潮」などのお菓子。これら人気の洋菓子はJR新幹線駅やサービスエリア、デパートなどでも購入することができます。また、法多山名物の厄除けだんごや、奥浜名湖地域で古くから親しまれている黒糖まんじゅうみそまんもおすすめ。地域で愛されているお菓子はおいしさも間違いなしです。

掛川抹茶パフェ(茶菓きみくら茶寮)

法多山名物の厄除けだんご

西部エリアのアクティビティ

浜名湖、遠州灘を擁する西部エリアでは、さまざまなビーチスポーツやマリンアクティビティがお楽しみいただけます。磐田市の豊浜海岸や御前崎ロングビーチなど、プロサーファーも集う本格的なサーフスポットがあるほか、ビーチ・マリンスポーツの聖地・浜名湖周辺には水辺の自然を気軽に親しめるスポットも充実しています。おすすめは、ボードに立ちパドルを漕いで水の上を進むSUPや、ボードの上でポーズを決めるSUPヨガ。スリルを体感したいなら、はじめてでも楽しめるフライボードにトライしてみては。水と空と一体化でき、特別な思い出になりますよ。
また、浜名湖の湖畔の風を感じながら一周するサイクリング「ハマイチ」も大人気。初心者でも走りやすく、寄り道スポットもたくさんあって楽しめます。
その他、海釣り公園、海水浴場などがある今切体験の里「海湖館」は、家族連れにもおすすめ。うなぎつかみ体験(夏季限定)や串打ち体験をした後にうなぎ丼をいただくこともでき、充実した1日を過ごすことができます。

SUP

今切体験の里「海湖館」のうなぎつかみ体験

様々な産業が発展した西部エリアでは、工場見学産業観光も人気。浜松市に本社を置くヤマハの企業ミュージアム「ヤマハイノベーションロード」や、グランドピアノの製造工程を見学できる「ヤマハハーモニープラザ」、1920年に織機メーカーとして創業したスズキの歴史やクルマづくりの工程を展示する「スズキ歴史館」などで、ものづくりのまち浜松の心意気を垣間見ることができます。また、掛川市にある「資生堂企業資料館・資生堂アートハウス」では、資生堂のこれまでの商品パッケージや、時代を牽引してきた広告も展示。その他、「うなぎパイ」の工場見学、老舗酒蔵「花の舞酒造」の酒蔵見学、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅の現役で活躍する希少な転車台の見学もおすすめです。
また、温暖な気候に恵まれた西部エリアでは味覚狩りもおすすめ。「はままつフルーツパーク時之栖」では年間約15種類のフルーツ狩りが楽しめるほか、掛川市にある「キウイフルーツカントリーJapan」では野球場3個分の広大な農園で1年中おいしいキウイがいただけます。特産の三ヶ日みかんのみかん狩りや、浜名湖周辺や掛川などで人気のいちご狩りもぜひ。

ヤマハイノベーションロード

資生堂企業資料館・資生堂アートハウス

西部エリアのモデルコース

ブログ記事を見る

エリアガイド