ブックマーク

このページをブックマークする方はボタンをクリックしてください

ホーム > 大本山 方広寺

ここから本文です。

大本山 方広寺(だいほんざんほうこうじ )

南北朝時代の応安4年(1371年)に、この地の豪族、奥山朝藤が招いた、後醍醐天皇の皇子で高僧の無文元選禅師により開山された禅寺。現在は、臨済宗方広派の大本山となっています。
奥山氏は、井伊谷井伊家の分家。南北朝時代に奥山城を拠点として南朝方に味方しました。建武2年(1336年)には奥山城に、後醍醐天皇の皇子で井伊道政とともに北朝と戦った宗良親王を迎えています。その後、方広寺の建立に尽力しました。
方広寺に祀られている『半僧坊権現』は、開山した無文元選が中国の元から帰国する際に乗った船を、悪天候の中で守護したとされる権現様。方広寺は、別称で『奥山半僧坊』と呼ばれています。
境内は、労松古杉に囲まれ、鎮座する五百羅漢が、参拝者を迎えてくれます。また、直虎が女城主として守った幼い跡取り、虎松(後の直政)の実母は奥山氏の出。奥山朝藤の曾孫の娘が、直政の母にあたるようです。
国指定の重要文化財である木造釈迦如来及両脇侍坐像は文和元年(1352年)の作で、方広寺の開創よりも前に作られたもの。もとは現在の茨城県の清音寺にあったもので、徳川光圀(水戸光圀)の厚い信仰を受けて修復されたことが記録に残っています。

基本情報

施設名

大本山 方広寺
(だいほんざんほうこうじ )

郵便番号

431-2224

所在地

静岡県 浜松市 引佐町奥山1577-1

営業時間

9時00分~16時00分

定休日/休業日

年中無休 臨時休業あり

お問い合わせ

電話番号

053-543-0003

ファクス番号

053-543-0249

ホームページ

http://www.houkouji.or.jp/ (外部サイトへリンク)

備考

大人400円(団体20名以上350円)中学生以下200円(団体20名以上150円)未就学児は無料

駐車場

駐車場

あり

大型バス駐車場

あり

施設設備・サービス

ペット同伴

不可

トイレ設備

なし

Free Wi-Fi

なし

飲食設備

あり

交通アクセス

新幹線を利用する場合:

浜松
(経路) 北口バスターミナル15番から奥山行バス60分「終点」下車徒歩10分

東名高速道路を利用する場合:

浜松西IC
(経路) 車で30分

交通その他:

天竜浜名湖鉄道「金指駅」より車で約15分 

外国語対応

パンフレット

日本語 | 英語

説明・表示

この情報は2018年05月24日の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

このスポットに興味がある人はこんなスポットも観ています。

周辺のイベント情報