ここから本文です。

「湯~遊~バス」ボランティアガイドの会

熱海市内の名所・旧跡等を効率よく見学できる足として運行している湯~遊~バスに乗車して各自の知識、個性を生かしたガイドをしています。

案内エリア 熱海市内
案内方法 バス乗客に対し、車窓からガイド
案内可能時期・時間帯 通年
熱海駅発車9:45~16:15詳しくは下記公式HPをご参照下さい。
費用

無料。別途、バス乗車賃がかかります。

(フリーきっぷ:大人700円、小児350円 1回ご乗車:大人250円、小児130円)

外国語対応 英語・簡体字・繁体字・韓国語・タイ語対応のパンフレット配布
ユニバーサルデザイン対応 車いす可(混雑状況により乗車できない場合もあり)
申込方法 直接バスに御乗車ください
問合先

名称:「湯~遊~バス」ボランティアガイドの会(伊豆東海バス熱海事業所内)
住所: 熱海市紅葉ヶ丘町18-14

電話番号:0557-85-0381
FAX番号:0557-85-0381

公式HP:https://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=6173

モデルコース1 熱海駅-熱海城-アタミロープウェイ-マリンスパ熱海-アカオハーブ&ローズガーデン-咲見町-熱海駅

おすすめ観光スポット

湯~遊~バス

湯~遊~バス

熱海市は温泉を中心とした保養地として発展してきました。
古来より文人墨客、資産家などが多く訪れ、住居・美術品などが多く残っています。湯~遊~バスは、市内に点在する名所・旧跡などを効率よく見学できる足として運行しています。

お宮の松

お宮の松の写真

明治30年から6年間読売新聞に掲載された尾崎紅葉の名作、金色夜叉。貫一とお宮の泣き別れのシーンに熱海海岸が登場します。海岸近くの緑地帯に2代目お宮の松と貫一お宮の像もあります。

起雲閣 

起雲閣

1919年に別荘として築かれ、「熱海の三大別荘」と称賛された名邸が基となる起雲閣。

市街地とは思えない緑豊かな庭園と、和と洋の雰囲気を融合させた施設をお楽しみ下さい。

記載されている情報は、 2019年11月11日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

ホーム > 静岡県観光関連リンク > 「湯~遊~バス」ボランティアガイドの会