ここから本文です。

駿河湾富嶽三十六景
第二十七景 焼津市吉永海岸
(スルガワンフガクサンジュウロッケイダイニジュウナナケイヤイヅシヨシナガカイガン)

駿河湾富嶽三十六景-第二十七景-焼津市吉永海岸

この海岸はその昔、遠浅の海岸であり大井川からの土砂が堆積し沖へ沖へと陸域が伸出して行き、松を植えては浸食を防いだ歴史があり、砂浜には塩田も作られていたそうです。(塩の専売事業により無くなった)
大井川流域に「ダム」が造られてからは海岸浸食が進み砂利浜となり、現在に至っています。特に「吉永海岸」は緑の松林と波の打ち寄せる美しい海岸で、全長1.4㎞に及ぶ遊歩道が設けられています。「磯釣り」には絶好の場所の一つです。
「月の沙漠」の作詞者「加藤まさを」の父松吉は、旧大井川町宗高の出身で、まさをは幼い頃から13歳まで藤枝市田中の祖父母に育てられました。
まさをは海が好きで、父母のお供をして友達と連れ合って、父の実家に近いこの吉永海岸で遊びました。
その幼い頃の思い出を「合歓の揺籃(ねむのゆりかご)」という童謡画集にまとめ、少女倶楽部に掲載され、大正12年作曲家「佐々木すぐる」が作曲して、広く世に歌い継がれてきました。

基本情報

施設名

駿河湾富嶽三十六景-第二十七景-焼津市吉永海岸
(スルガワンフガクサンジュウロッケイダイニジュウナナケイヤイヅシヨシナガカイガン)

所在地

静岡県 焼津市 吉永

お問い合わせ

電話番号

054-626-6266

駐車場

駐車場

なし

大型バス駐車場

なし

施設設備・サービス

ペット同伴

不可

トイレ設備

なし

Free Wi-Fi

なし

飲食設備

なし

ホーム > 静岡県で富士山を満喫しよう! > 駿河湾 富嶽三十六景 > 駿河湾富嶽三十六景-第二十七景-焼津市吉永海岸