ここから本文です。

歴史を横断する旅 <日帰りコース・車>

静岡県西部エリアにある歴史スポットを日帰りでめぐるコースです。遠州地方には戦国の息吹を残す旧跡が数多く残り、歴史に名を残す武将たちの足跡をたどることができます。まずは、この地を象徴する二つの名城へ。山内一豊ゆかりの掛川城天守閣に立ったあとは、徳川家康公の出世城として名高い浜松城へ向かいます。さらに西へ足を延ばし、井伊直虎の菩提寺として名高い龍潭寺(りょうたんじ)では、「東海一の名園」と称賛される小堀遠州作の庭園で時の重みに浸りましょう。様々な名所・旧跡を駆け抜ける旅の道中では、浜松うなぎに舌鼓を打つのもお楽しみの一つです。※時間は目安です。

コース紹介

1日目 start

東名高速道路掛川IC

約10分

掛川城

滞在の目安 60分

約20分

秋葉総本殿 可睡齋(かすいさい)

滞在の目安 60分

約40分

浜松城公園・浜松街中

滞在の目安 60分

約40分

龍潭寺(りょうたんじ)

滞在の目安 30分

約5分

井伊谷宮(いいのやぐう)

滞在の目安 20分

約10分

気賀の関所

滞在の目安 40分

約10分

東名高速道路舘山寺スマートIC

1日目

スタート

東名高速道路掛川IC

車で約10分

1 掛川城

滞在の目安 60分

車で約20分

2 秋葉総本殿 可睡齋(かすいさい)

滞在の目安 60分

車で約40分

3 浜松城公園・浜松街中

滞在の目安 60分

浜松うなぎ

浜松といえば、浜名湖のうなぎ。浜名湖は100年以上の歴史を持つうなぎ養殖発祥の地であり、市内にはうなぎの専門店がいたるところにあります。温暖な気候とミネラルを豊富に含んだ天然水に恵まれた環境で育った浜松のうなぎは、柔らかな身と上品な脂が特徴。うなぎの蒲焼といえば、背開きにするか腹開きにするか、蒸して焼くか蒸さないで焼くかで関東風、関西風とわかれますが、浜松は関東風の店あり、関西風の店ありで、東西の食文化の分水嶺にあるといえます。

詳細はこちら

車で約40分

4 龍潭寺(りょうたんじ)

滞在の目安 30分

徒歩で約5分

5 井伊谷宮(いいのやぐう)

滞在の目安 20分

車で約10分

6 気賀の関所

滞在の目安 40分

車で約10分

東名高速道路舘山寺スマートIC

ゴール

モデルコースMAP

各スポットの詳細情報は、地図上のマークをクリックしてください。

1日目コース

2日目コース

ホーム > 静岡県のモデルコース > 歴史を横断する旅 <日帰りコース・車>